シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Reactを扱うフリーランスエンジニアとは?単価相場や案件獲得の方法も解説

JavaScriptライブラリであるReactのフリーランス案件はどのような動向になっているのでしょうか。この記事ではReactを扱うエンジニアの仕事内容やReact案件の単価相場などを紹介します。参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「JavaScriptライブラリのReactってどんなものなの?」
「React未経験者が案件を獲得することはできる?」
「Reactエンジニアとして高単価の案件を獲得するにはどんな方法がある?」


このように、Reactの案件について興味を持っている人もいるのではないでしょうか。


この記事では、Reactの概要やReactのフリーランス案件について解説しています。この記事を読むことで、Reactの案件にどのようなものがあるのか把握できるでしょう。


また、Reactエンジニアが高単価のフリーランス案件を獲得するコツについても解説するため、フリーランスのReactエンジニアを目指している人も参考にできるでしょう。


Reactを扱うフリーランスエンジニアについて知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

JavaScriptライブラリであるReactとは

Reactは仮想DOMを設計する仕組みを備えたJavaScriptのViewライブラリです。Facebook社が開発しているライブラリで、WebサイトのUIを構築するためのライブラリとなっています。


Reactは効率的なWebサービス開発が実現できるため、近年ではフロントエンドエンジニアの開発案件における需要が高まってきています。仮想DOMのレンダリング機構が用意されている点がReactの大きな特徴だと言えるでしょう。

仮想DOMとは

仮想DOMは実体があるリアルDOMと違い、JavaScriptライブラリによってブラウザAPI上に実装された仮想のDOMのことです。


Reactは仮想DOMを設計してからリアルDOMを作成するという仕組みになっています。そのため、従来のDOMに比べてWebページの表示を高速で切り替えられる、変更点があった場合にページ全体ではなく差分のみを再表示できるといったメリットがあります。

React案件に見られる動向

Reactの案件の動向を見る上で重要になるのは、他のJavaScriptライブラリの動向です。Reactと比較されるライブラリとして、AngularJSとVue.jsの2種類が挙げられます。


これら3種類のライブラリの案件に注目すると、フリーランス向けの案件情報サイトではReact案件は約6,000件、AngularJS案件は約2,000件、Vue.jsは約5,000件掲載されていました。


そのため、他のJavaScriptライブラリと比較してもReactは需要が高いと言えるでしょう。

Reactを扱うエンジニアの仕事内容

Reactはフロントエンド側のUI開発などを行うライブラリです。そのため、Reactを扱うエンジニアはフロントエンド周りのコーディングが主な仕事となります。


Reactを導入することで動きのあるリッチなWebサイトになりますが、元々複雑ではないWebサイトに導入してもあまりメリットはありません。そのため、Reactを扱うエンジニアの仕事は複雑な構造のWebサイトのフロントエンドの開発を行うことだと言えるでしょう。

Reactのフリーランス案件の全体的な単価相場

Reactのフリーランス案件の全体的な単価相場としては、フリーランスエージェントを参照したところ月額単価77万円ほどだと言えるでしょう。なお、最低単価は40万円前後、最高単価は145万円ほどとなっています。

経験年数別から見るReactのフリーランス案件の単価相場

フリーランスエンジニアの単価は経験年数によって変わっていきます。React案件の平均単価は77万円ですが、経験年数が1~2年程度の場合は単価は低くなり、経験年数が5年以上になれば大きく単価も上昇します。

Reactと他フレームワークとの単価相場比較

Reactの単価相場は前述のとおり月額77万円ほどとなっていますが、フリーランス向けエージェントを参照するとVue.jsの単価相場は月額70万円前後、jQueryの単価相場は60万円前後となっていました。


そのため、他のJavaScriptのライブラリやフレームワークの案件と比較してもReact案件は単価相場が高めだと言えるでしょう。同じJavaScriptフレームワークでも単価が異なるのは、求められるスキルの高さや案件数などに違いがあることが理由です。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Reactを扱うフリーランスエンジニアになるメリット

フリーランスエンジニアとしてReactを扱えるようになることには、さまざまなメリットがあります。Reactに興味を持っている人の中には、Reactを習得することで具体的にどのようなメリットがあるのか知りたいという人も多いでしょう。


ここではReactを扱うフリーランスエンジニアになるメリットを紹介していくため、参考にしてみてください。

世界的に使われているため自分の市場価値を高められる

さまざまなライブラリやフレームワークがあるJavaScriptの中でも、Reactは新しいライブラリです。そのため、APIも洗練されており、ベンチャー企業をはじめとした世界中の多くの企業がReactを採用するようになってきています。


世界的に広く利用されているReactのスキルを身につけることで、自身のフリーランスエンジニアとしての価値を高めることができるでしょう。

求人数の増加に伴う需要がある

前述のとおりReactは新しいライブラリであるため、Reactを扱えるエンジニアの数は需要に対して足りていない状態です。近年では多くの企業がフロントエンドの開発にReactを採用するようになってきているため、求人数の増加に伴い需要も上がってきています。


そのため、Reactは求人が単価が高く、さまざまな案件の中から自分で案件を選べるというメリットがあります。

教材が豊富で学習コストをかけずに習得できる

Reactを採用している企業が多いため、Reactは技術情報などがインターネット上に豊富に存在しています。また、自習教材なども豊富にあるため、Reactは他のJavaScriptのライブラリやフレームワークと比較しても学習コストが低いと言えるでしょう。


そのため、JavaScriptを使ったプログラミングができる人材であれば、Reactを習得するのは難しくないでしょう。

React未経験者が案件を獲得するまでのポイント

Reactでの実務経験がない人の中には、未経験者でもReactの案件を獲得できるのか知りたいという人もいるでしょう。React未経験であってもエンジニアとしての実務経験があれば、React案件を獲得することは可能です。


ここではReact未経験者が案件を獲得するまでのポイントを紹介します。参考にしてみてください。

何かしらエンジニアとしての経験を積む

Reactを使った実務未経験であっても、エンジニアとしての経験があればReact案件は獲得可能です。しかしエンジニアとしての経験自体がない場合は、まずはエンジニアとしての実務経験を積む必要があります。


React案件では、Reactの知識だけでなくWeb開発を一人で完遂できるだけのスキルが求められます。そのため、エンジニア経験がない状態でReact案件に対応することは難しいでしょう。

PHP・Go言語やRuby on Railsのスキルを身につける

ReactはJavaScriptのフレームワークですが、JavaScriptでの開発経験がなくでもWeb開発の周辺言語のスキルがあればReact案件を獲得できる可能性があります。そのため、PHPやGo、Ruby on Railsなどのスキルを身につけると良いでしょう。


これらはWeb開発のバックエンド開発に用いられるものであるため、バックエンドに対応できるスキルを身につけることでReactやフロントエンド開発にも対応するスキルがあると判断されやすくなるでしょう。

JavaScriptのプログラムを組めるようにする

JavaScriptのプログラミングスキルが身についていれば、Reactを習得することは十分可能です。そのため、JavaScriptでプログラムを組めるスキルを身につけるようにしましょう。


前述のとおりReactは学習コストが低いため、JavaScriptを扱えるようになればReactを使った開発にも対応できるようになるでしょう。

Reactエンジニアが高単価のフリーランス案件を獲得する7つのコツ

Reactのフリーランス案件は比較的高単価ですが、より高単価の案件を獲得して年収アップを目指したいという人は多いでしょう。Reactの案件で高単価を目指すには、React以外のスキルも必要です。


ここではReactエンジニアが高単価のフリーランス案件を獲得するコツを紹介します。参考にしてみてください。

1:最新の技術情報を集める習慣をつける

IT業界は日々技術が進歩しており、エンジニアとして第一線で活躍するためには最新の情報をキャッチアップしていくことが求められます。そのため、Reactエンジニアとしても常に最新の技術情報を集めることが重要になります。


IT業界の変化に対応できるReactエンジニアになれば、評価も高まるでしょう。

2:Reduxを扱うスキルを身につける

Reduxはアプリケーションの状態管理を行うためのJavaScriptのライブラリです。Reduxは規模の大きなプロジェクトで採用されるケースが多いため、高単価のReact案件でもReactと併せてReduxのスキルが求められることがあります。

3:SPAのスキルを身につける

SPAとは「Single Page Application」の略で、単一のWebページでWebアプリケーションを構成する設計を指します。


SPAの場合、変更点のみを書き換えることで処理が完了できる、SEOにも効果的でユーザビリティも高いといったメリットがあるため、SPAのスキルを持ったエンジニアは需要が高いです。


そのため、Reactエンジニアとして高単価を目指すのであればSPAのスキルを身につける必要があるでしょう。

4:サーバーサイドの開発言語を覚える

Reactはフロントエンドの開発に用いられるライブラリですが、React案件だからと言ってフロントエンドとサーバーサイドが分かれているとは限りません。また、フロントエンドとサーバーサイド両方に対応できるエンジニアであれば、それだけ評価も高まります。


そのため、サーバーサイドの開発言語も習得しておくとよいでしょう。

5:要件定義やUIに関するスキルを身につける

要件定義のスキルは上流工程で必要となる高度なスキルです。上流工程で必要なスキルを習得すればエンジニアとしての市場価値も高まるため、それだけ単価も上がりやすくなります。


また、Reactはフロントエンドの開発に用いられるライブラリであるため、UIに関するスキルを高めることも単価アップに有効です。

6:スクラム開発を経験する

スクラム開発はアジャイル開発の手法の一つです。Reactはベンチャー企業などで採用されるケースが多いため、開発体制でもアジャイル手法を取り入れているケースが多くなります。


そのため、スクラム開発の経験があれば高単価のアジャイル開発の案件にも参画しやすくなるでしょう。

7:React以外のフレームワークも扱えるようにする

Reactの案件であっても他のフレームワークのスキルが求められることがあります。そのため、AngularJSやjQuery、Vue.jsなど複数のライブラリやフレームワークのスキルを身につけるようにしましょう。


扱えるフレームワークやライブラリが増えるほど、対応できる案件の幅も広がります。


▼Reactの案件を検索する

シニアエンジニア向け案件検索サイト - SEES

Reactを扱うエンジニアの将来性

ReactはWeb開発のフロントエンドにおいて非常に需要の高いライブラリです。Webシステムがある限り、Reactを扱うエンジニアには需要があります。


そのため、Reactを扱うエンジニアの将来性は高いと言えるでしょう。

Reactを扱うフリーランスエンジニアを目指そう

ReactはWeb開発において需要の高いJavaScriptライブラリです。この記事で紹介したReact案件の動向やReactを扱うフリーランスエンジニアになるメリットなどを参考に、Reactのスキルを身につけて需要の高いフリーランスエンジニアを目指しましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/05/24

2022/08/23