40代からのフリーランスエンジニア向け・案件検索サイト【SEES】

Pythonの資格おすすめ8選|試験の勉強法や取得するメリットなどを解説

Pythonは、Webやデータサイエンス、AI開発などの領域で活用されるプログラミング言語です。言語のスキルを示すには、資格の取得も方法の一つです。この記事ではPythonの概要や関連資格の概要、学習方法、取得するメリットなどを紹介します。

<業界実績17年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「プログラミング言語のPythonってどんな言語?」
「Pythonの資格試験にはどんなものがある?」
「Pythonの資格に合格するにはどんな勉強法が有効なの?」


人気が高く、有望なプログラミング言語Python。Python関連の資格に興味を持っているエンジニアも多いのではないでしょうか。


この記事では、プログラミング言語Pythonの概要や資格試験について解説しています。この記事を読むことで、Pythonの資格にどのようなものがあるのか把握することが可能です。


また、Python資格試験の学習方法についても紹介していますので、資格取得を目指す方はチェックしてみてください。

Pythonはどんなプログラミング言語?

Pythonはどんなプログラミング言語?  イメージ画像Pythonとは、AI開発などの分野で近年注目されているプログラミング言語です。機械学習などのAI開発以外にも、Web開発やデータサイエンス分野での活用、システム開発などさまざまな分野で利用されており、汎用性が高いことも一つの特徴です。


Pythonの言語的な特徴には、シンプルな記述があげられます。覚えやすく、学習難易度は低めで、プログラミング未経験者にもおすすめの言語です。スクリプト言語のため、動作を確認しながらプログラミングしやすいことも特徴です。オブジェクト指向を採用しており、構造化もしやすいといえます。


Pythonが開発されたのは1991年と歴史がありますが、人気が高まってきたのは比較的近年です。データサイエンスやAIなどの分野での需要の高まりと共に、Pythonを習得する人が増えてきています。また、Pythonのスキルを証明できる資格制度についても充実しつつある状況といえるでしょう。

Pythonの資格を取得する3つのメリット

Pythonの資格を取得する3つのメリット イメージ画像Pythonの資格を取得することにはさまざまなメリットがあります。資格取得にどのようなメリットがあるのか把握しておくことで、資格勉強のモチベーションアップにもつながるでしょう。


ここではPythonの資格を取得するメリットを紹介します。参考にしてみてください。

1:スキルレベルの証明になる

Pythonに関する知識を持っていたとしても、そのことを証明することは難しいです。その点、資格を取得すれば一定以上の知識やスキルを保有していることの証明になります。業務でPythonを利用している企業への就職・転職や案件へのアサイン時に役立てることが可能です。


また、資格にも難易度があるため、資格によって具体的なスキルレベルを客観的にアピールできるようになります。


もちろん、資格に向けて学習をすることにより体系的に知識を得ることができる点もメリットです。

2:年収アップやキャリアアップに役立つ

前述したとおり資格を取得することで自身のスキルを証明できるため、年収アップやキャリアアップにも役立ちます。


企業の中には資格手当の制度を設けていたり、昇進昇級の要件として資格を設定していたりするケースがあるため、難易度の高い資格を取得することでキャリア形成へ繋げることができるでしょう。

3:転職に役立つ

Python関係の資格を取得しておくことでPythonエンジニアへの転職にも役立つでしょう。エンジニアになるために資格は必須ではありませんが、同じようなスキルや経験を持った人材が複数いる場合、資格保有者を優先するという企業は多いでしょう。資格の保有は転職において有利には働いても、不利になることはありません。


▼フリーランス案件検索サイトSEESで「Python」案件を探す

Python案件|リモート案件あり|40代・50代・60代が活躍

Pythonのおすすめ資格試験8選

Pythonのおすすめ資格試験8選 イメージ画像Pythonのスキルを獲得するため、関連資格の取得を検討している方に向けて、代表的な資格をご紹介します。


Pythonの資格は、主に国内の「一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会」によるものと、海外団体の「OpenEDG Python Institute」によるものが著名です。


以下では、それぞれの団体が実施する資格試験について紹介します。

Pythonエンジニア育成推進協会が実施する試験

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が提供する資格試験です。国内の団体が運営する試験のため、日本語で受験することが可能です。また、経済産業省の定めるITスキル標準に対応しており、エンジニアのスキルレベルを分かりやすく示せる点も特徴です。


各試験に共通して70%以上の正答率で合格となります。

1:Python3エンジニア認定基礎試験

Python3エンジニア認定基礎試験は、Pythonに関する基礎的な知識とスキルを認定する試験です。Pythonエンジニア育成推進協会が提供する資格試験の中で最も基礎的なレベルにあたり、Python3の文法基礎が問われます。


Pythonを学習しはじめたばかりの方がスキルを深めるためのステップとして適した試験です。

受験料
一般1万円(税抜)、学割5,000円(税抜)
出題数
40問(すべて選択問題)
試験時間
60分
主教材
Pythonチュートリアル 第4版(オライリージャパン)

2:Python3エンジニア認定実践試験

Python 3 エンジニア認定実践試験は、基礎試験の上位にあたる試験です。基礎からレベルアップし実践レベルの知識とスキルを持つことを示せる資格となります。試験では、 Pythonを実践的に使っていく上で重要な仕様やライブラリの使い方が問われます。


Python3エンジニア認定基礎試験の次のステップとして取得するとよいでしょう。

受験料
一般1万2,000円(税抜)、学割6,000円(税抜)
出題数
40問(すべて選択問題)
試験時間
75分
主教材
「Python実践レシピ」(技術評論社)

3:Python3エンジニア認定データ分析試験

Python3エンジニア認定データ分析試験は、Pythonを利用したデータ分析の基礎や方法を問う資格試験です。Pythonの基礎だけでなく線形代数や基礎解析、確率と統計などの数学の基礎や、NumPyやpandasなどのライブラリによる分析実践能力などを判定します。


Pythonを利用して開発するエンジニアの他、データ分析に関わるエンジニアやデータサイエンティストを目指す場合は取得しておきたい資格だと言えるでしょう。

受験料
一般1万円(税抜)、学割5,000円(税抜)
出題数
40問(すべて選択問題)
試験時間
-(記載なし)
主教材Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書 第2版(翔泳社)

4:PythonZen&PEP8検定試験

PythonZen&PEP8検定試験とは、PythonZenとPEP8に関する知識を問う資格試験です。


PythonZen」とはPythonの心得のことで、Pythonを学ぶ際に役立つイディオム集です。「PEP8」は標準のコーディング規約です。


PythonZen&PEP8検定試験はPythonZenやPEP8を学ぶ意識を高める目的で実施されているため、無料で受験することができます。

受験料
無料
出題数
20問(すべて選択問題)
試験時間-(記載なし)
主教材
PythonZen
PEP8

OpenEDG Python Instituteが実施する試験

OpenEDG(Open Education and Development Group )はプログラミングスキルなどに関する認定資格を提供しているコミュニティです。その中でも、Python InstituteはPythonに関する認定資格Python Certificationsを提供しています。


下記では、Pythonプログラマー向けの資格カテゴリ4つを紹介しています。その他に、DataScience、Testing、Network Programming、Web Developmentなどのカテゴリもあります。詳しくはPython Instituteの公式情報をご確認ください。


試験は英語(一部スペイン語も対応)で行われます。各試験に共通して70%以上の正答率で合格となります。

5:PCEP 

PCEPはCertified Entry-Level Python Programmerの略で、Python Certificationsの中でもエントリーレベルの資格です。


試験はプログラミングの基礎理論やPythonの基礎文法、標準ライブラリの利用などが問われる内容です。一度取得すれば更新する必要のない資格となっています。

受験料
USD 59
出題数
30問(すべて選択問題)
試験時間
40分
試験対象範囲
シラバスを参照

6:PCAP

PCAPはCertified Associate Python Programmerの略で、Python Certificationsの中でもアソシエイトレベルの資格です。アソシエイトレベルとは、Pythonでの実務を遂行できるレベルとなります。


試験内容としては、Pythonの基礎や各種機能の利用に加え、オブジェクト指向プログラミングアプローチに焦点を当てた内容が出題されます。

受験料
USD 195
出題数
45問(すべて選択問題)
試験時間
65分
試験対象範囲
シラバスを参照

7:PCPP1

PCPP1(Certified Professional Python Programmer Level 1)は、Python Certificationsの中でも開発者やITスペシャリストなどを対象としたプロフェッショナルレベルの資格です。高度なPythonプログラミングや関連技術などのスキルを測定します。

取得することで、ファイルの処理やプログラム環境との通信、オブジェクト指向プログラミングの応用理論、GUIプログラミングなどに精通していることを証明できます。

受験料
USD 195
出題数
45問(すべて選択問題)
試験時間65分
試験対象範囲
シラバスを参照

8:PCPP2

PCPP2(Certified Professional Python Programming Level 2)は、Python Certificationsの中でも経験豊富な開発者やITスペシャリスト、システムアーキテクトなどを対象としたプロフェッショナルレベルの資格です。高度に専門化された分野の知識や専門知識を測定します。


取得することで、テストの原則と手法、デザインパターン、ネットワークプログラミング、クリーンなコード設計の原則などに精通していることを証明できます。


なお、試験の提供開始は2023年第 3 四半期/第 4 四半期に公開予定とされており、2024年1月26日時点では開始していません。

受験料
USD 195
出題数
45問(すべて選択問題)
試験時間
65分
試験対象範囲
未定

▼あわせて読みたい関連記事:

その他のIT資格の合格率や取得すると転職に有利な理由・難易度も紹介

Python資格試験の効率的な学習方法

Python資格試験の効率的な学習方法 イメージ画像Pythonに関連した資格取得を目指す場合、どのようにして勉強すれば良いのかわからないという人もいるでしょう。試験に向けた学習については、オフィシャルサイトで書籍や認定スクールなどが指定されているため、これらを活用すると良いでしょう。


ここではPython資格試験の勉強法について解説します。

指定書籍等で学習する

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が運営しているPython3エンジニア認定基礎試験の主教材は「Pythonチュートリアル 第4版(オライリージャパン)」です。Python3エンジニア認定実践試験の主教材は「Python実践レシピ(技術評論社)」です。Python3エンジニア認定データ分析試験の主教材は「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書 第2版(翔泳社)」です。


これらの指定書籍に沿って学習することがスタンダードの勉強法です。サンプルコードを参照してPC上でプログラムを動作させながら学習することで理解を深めることができます。指定書籍上の内容を学習できたら、他の参考書へと範囲を広げます。

ここでは各書籍についてそれぞれ紹介します。

Pythonチュートリアル 第4版

Pythonチュートリアル 第4版は、Pythonの制作者であるGuido氏によるPython入門者のための書籍です。Pythonの基本的な機能やコンセプトが分かりやすくまとまっているため、本書を読むことでPython全体の雰囲気も掴むことができるでしょう。


また、Pythonのプログラムの読み書きやモジュールについての理解が進むため、モジュールについて学んでいく準備が整うでしょう。


「Pythonチュートリアル 第4版」著:Guido van Rossum、訳:鴨澤 眞夫、出版:オライリージャパン

Python実践レシピ

Python実践レシピはPythonエンジニア育成推進協会が監修する書籍で、Pythonでのプログラミングに役立つ機能とライブラリを網羅した一冊です。Pythonプログラマがスキルアップするための実践的な内容がまとめられています。


「Python実践レシピ」著:鈴木 たかのり、筒井 隆次、寺田 学、 杉田 雅子、門脇 諭、 福田 隼也、出版:技術評論社


Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書は、データ分析エンジニアに必要なPythonを使ったデータ分析のスキルを身につけられる書籍です。


データの入手や加工などのハンドリング、データの可視化、プログラミングといったスキルを身につけていくことができます。また、Pythonの基本的な文法やデータフォーマットについても学べます。

認定スクールを利用する

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会の認定スクールを利用することで資格学習を行うことができます。認定スクールは以下となります。

オンラインでの学習を提供するサービスや集合型で講師のサポートを得られるサービスなどが提供されています。

オンライン学習を利用する

Pythonは人気のあるプログラミング言語のため、各種の学習コンテンツやプログラミングサービスも提供されています。これらには、学習に取り組み易いメリットがあります。


Pythonの試験勉強に活用できるオンライン学習サービスとしては、Pythonオンライン学習サービスPyQPRIME STUDYなどがあげられます。

PyQの「Python3 エンジニア認定基礎試験対策」は試験に向けた学習ができるコースです。PRIME STUDYはPython試験とPHP試験の無料模擬試験サイトであり、模擬試験や出題範囲を提供しています。

Pythonエンジニア育成推進協会による試験の概要

Pythonに関連した資格の中では、Pythonエンジニア育成推進協会の「Python3エンジニア認定基礎試験」や「Python3エンジニア認定データ分析試験」などのPython3エンジニア認定試験が有名です。


ここではPythonエンジニア育成推進協会によるPython3エンジニア認定試験の概要を紹介していきます。

試験日程

Python3エンジニア認定試験は通年となっているため、いつでも自分の都合の良いタイミングで受験することが可能です。なお、申し込みも随時となっているため、いつでも受け付けています。

試験会場

Python3エンジニア認定試験は、全国にあるオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターで受験することができます。コンピュータを使ったCBT形式のテストとなっています。

申し込み手順

Python3エンジニア認定試験に申し込む場合、申込サイトにアクセスして試験に必要なIDを取得する必要があります。以下では試験の申し込み手順について説明します。

Odyssey IDの取得

まずは申込サイトにアクセスし、Odyssey IDを取得する必要があります。Odyssey IDを取得するにはメールアドレスを入力する必要があります。


なお、Odyssey IDは一度登録すれば繰り返し使用することができます。

試験会場の指定

次に試験会場を指定しましょう。試験会場は全国にあるオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターとなっており、毎日受験できる会場もあれば、土曜日だけ受験可能な会場もあります。


そのため、事前に自分が受験したい会場をチェックしておくとよいでしょう。

受験料の支払い方法確認

受験料の支払い方法としては、クレジットカード払いや銀行振込などがあります。ただし、テストセンターによって支払い方法は異なるため、申込みをしたテストセンターが指定している支払方法を確認しておく必要があります。

試験当日に持参するもの

試験日には「Odyssey IDとパスワード」「受験票」「写真付きの身分証明書」の3点を持参する必要があります。特に身分証明書を忘れた場合、受験することができないため注意しましょう。

Pythonの資格試験について理解しよう


Pythonのスキルを証明できる資格にはさまざまな種類があります。Pythonは各種のアプリケーション開発で利用される需要の高い言語であるため、資格を取得しておくことでキャリアアップにも役立ちます。


この記事で紹介したPythonの資格試験やPythonの資格試験の勉強法などを参考に、資格を取得して自身の知識やスキルをアピールできるようにしておきましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

関連記事

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの案件サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの案件サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、 「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

この記事の監修

miraie miraie

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

所在地
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
設立
2007年7月(3月決算)
従業員数
55名(正社員)
電話
03-5774-6300

SEESは
非公開案件が80%以上

ITに特化したコーディネータが
あなたにぴったりの案件をご提案

SEESってどんなサービス?

年齢などを理由に他のエージェントからは案件を紹介されなかった方も、SEESでご活躍の場を見つけていただいております。

まずはお気軽にご登録ください!

\ 簡単60秒 /