シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Pythonを扱うエンジニアの平均年収は?高収入を狙える職種も紹介

Pythonを扱うエンジニアはどのくらいの年収を得ているのでしょうか。本記事では、Pythonを扱うエンジニアの全体的な平均年収や年収をアップさせる方法、未経験からPythonを学ぶ方法などを紹介するため、参考にしてみてください。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Pythonを扱うエンジニアの年収ってどのくらい?」
「Pythonを扱うエンジニアとして年収をアップさせるにはどうすれば良いの?」
「Pythonの学習方法って?」


このように、Pythonを扱うエンジニアがどのくらいの収入を得ているのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。


本記事では、Pythonを扱うエンジニアの全体の平均年収やフリーランスエンジニアの平均年収、年収をアップさせる方法などを紹介しています。本記事を読むことで、Pythonを扱うエンジニアがどのくらいの年収なのか把握することができるでしょう。


また、Python未経験の場合の学習方法なども紹介するため、これからPythonを学ぼうと考えている人も参考にできます。


Pythonを扱うエンジニアの平均年収について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pythonエンジニアの将来の展望

Pythonはシンプルなコードで記述することができるため、読み書きがしやすい言語です。また、Pythonは機械学習やデータ分析などの分野に強みを持っており、このようなシステムは世界中で利用されています。


Webアプリケーション開発で需要の高いPythonには、効率的なWebアプリケーション開発を実現できるフレームワークも用意されています。このような理由からPythonは今後も需要が高いと考えられるため、Pythonエンジニアは将来性が高い職業だと言えるでしょう。

Pythonを扱うエンジニアの全体的な平均年収

Pythonエンジニアの全体的な平均年収は約620万円となっています。年齢や勤めている企業規模などによっても年収には差がありますが、Pythonを扱えるエンジニアであれば年収400〜850万円程度が目安となるでしょう。


PHPを扱うエンジニアは年収350~650万円程度、Javaを扱うエンジニアは年収300~700万円程度であるため、他のプログラミング言語と比較してもPythonを扱うエンジニアの年収水準は高めだと言えます。

Pythonを扱うフリーランスエンジニアの平均年収


Pythonを扱うフリーランスエンジニアの場合、平均年収は約990万円となっています。フリーランスの場合は会社員のように給与から天引きされることがないため、同じスキルであればフリーランスの方が年収が高くなる傾向があります。


なお、会社員とフリーランスでは保険料や税金の違いなどがあります。また、会社員の場合は月給以外に賞与があるケースもあるため、単純に年収を比較することはできない点は押さえておきましょう。

アメリカ市場におけるPythonエンジニアの平均年収

Pythonエンジニアにのみに絞ったデータはありませんが、アメリカ市場でのエンジニアの平均年収は約1,150万円です。同じ調査での日本のIT人材の平均年収は600万円ほどとなっているため、2倍近い差があることがわかります。


アメリカ市場の場合はより高度なスキルが要求される傾向があるため、Pythonエンジニアの場合も日本より高い年収水準になっていることが予想できます。

Pythonを扱うエンジニアの年収が高い要因

Pythonエンジニアの年収は他のプログラミング言語と比較しても高い傾向があります。その理由としては、AI開発分野で利用されていることや、データ分析の需要の高さなどが挙げられるでしょう。


ここではPythonを扱うエンジニアの年収が高い要因を紹介していきます。

AIや人工知能分野のニーズの高さによるもの

Pythonの特徴として、AI開発などの先端技術開発に活用されているというものがあります。Pythonは機械学習に特化したライブラリが揃っているため、AI開発を行う場合はPythonを用いるのが基本となっています。


このようなAIや人工知能分野は非常にニーズが高く、あらゆる業界で活用されています。このようにPythonエンジニアのニーズも高いことから、年収も高くなっていると言えるでしょう。

データ分析の需要の高さによるもの

Pythonはデータ分析にも活用されている言語です。近年では、ビッグデータを使ったデータ分析の需要が高まってきていることもあり、データサイエンティストなどデータ分析を行う人材の需要も増してきています。


このようにデータ分析でのPythonの需要も高いことから、Pythonを扱えるエンジニアの年収も高額な傾向があると言えるでしょう。

希少性の高さによるもの

PythonエンジニアはAI開発やデータ分析などの需要の高さからあらゆるシーンで求められていますが、需要に対して供給が足りていない状態です。このように市場における希少性が高いことも、Pythonエンジニアの年収が高い理由だと言えるでしょう。


現状Pythonエンジニアの数が少なく、反対に需要は拡大していることから、今後もPythonエンジニアは売り手市場が続くことが予想されています。

Pythonを扱うエンジニアの年収をアップさせる方法

Pythonを扱うエンジニアは年収水準が高い傾向がありますが、Pythonが扱えれば誰でも高収入を目指せるというわけではありません。Pythonエンジニアとして高収入を得たい場合は、知識やスキルを身につけて需要の高いPythonエンジニアになる必要があるでしょう。


ここではPythonを扱うエンジニアの年収をアップさせる方法を紹介していきます。

機械学習や人工知能に関する知識を身につける

Pythonエンジニアとして働きながら、機械学習や人工知能などの知識を習得すると良いでしょう。現在、さまざまな企業が機械学習や人工知能の分野に参入してきています。


そのため、Pythonエンジニアの中でもこのようなトレンドの分野に携われる人材は特に年収が高い傾向があります。現在の業務で機械学習や人工知能などに携われない場合は、仕事と並行して勉強するようにしましょう。

マネジメントスキルを身につける

Pythonエンジニアとしての経験を積みながら、技術だけでなくマネジメントスキルも身につけていきましょう。マネジメントスキルを身につければ、より年収の高いプロジェクトマネージャーを目指すことも可能になります。


システム開発では下流工程よりも上流工程に携わる人材の方が求められるスキルが高く、責任も重たくなるため、年収が高くなる傾向があります。将来マネジメント職に就きたいと考えるなら、キャリアアップを意識したスキルの習得が重要になるでしょう。

データ分析スキルを身につける

Pythonを扱うデータサイエンティストには、データ分析のスキルが必須になります。データ分析に必要な統計学などの知識は大学などで習得するのが一般的ですが、Pythonエンジニアとして実務に携わりながら勉強するという方法もあります。


データ分析スキルを身につけることができれば、データサイエンティストとして年収をアップさせることも可能になるでしょう。

最先端の技術を扱うスキルを身につける

Pythonを扱うエンジニアの年収が高い理由の一つとして、PythonがAIやIoT、ロボティクスなどの最先端の技術の開発に用いられていることが挙げられます。しかし、このような技術を扱うためには、Pythonのスキルだけでは不十分です。


そのため、Pythonのプログラミングスキルと並行して先端技術を扱う専門的なスキルを習得するようにしましょう。中でもビッグデータを扱うスキルを身につけることができれば、AIやIoT開発に役立てることができます。

エンジニアとして実務経験を積んでおく

高収入のPythonエンジニアを目指すには、まずはエンジニアとしてしっかりと実務経験を積んでおく必要があります。未経験からPythonエンジニアになった場合は、3年程度は実績を積んでPythonの基礎を固めるようにしましょう。


数年の実務経験があれば、より年収の高い企業にPythonエンジニアとして転職することも可能になります。

未経験からPythonを扱うエンジニアを目指す方法

Pythonはサーバーサイドの開発に適したプログラミング言語となっており、さまざまなWebアプリケーションなどのユーザーからは見えないサーバーサイドの開発で用いられます。


Pythonエンジニアを未経験から目指す場合は、まずはサーバーサイドエンジニアを目指すと良いでしょう。サーバーサイドエンジニアとしてPythonのプログラミングスキルを身につけながら、データ分析やAIなどの知識も習得していくと良いでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Python未経験である場合の学習方法

プログラミング初心者からPythonを習得する場合、学習サイトを利用する方法やスクールを利用する方法などがあります。ここではPython未経験である場合の学習方法について紹介していきます。

学習サイトを活用する

学習サイトであれば、書籍を利用するよりも気軽にPythonを学ぶことができます。動画やスライド形式などPythonが学べる学習サイトにもさまざまな種類があるため、自分が学びやすいサイトを選ぶと良いでしょう。


学習サイトでPythonの基礎を押さえ、練習問題を解くことでスキルを身につけていきましょう。

スクールを活用する

プログラミングスクールに通うことで、短期間で効率的にPythonのスキルを身につけていくことができます。スクールであればわからないことがあってもその場で講師に質問できるため、独学のように途中で挫折するリスクも少ないでしょう。


ここではおすすめのスクールを紹介していきます。

キカガク

キカガクとは、AIや機械学習などの先端技術を学べる動画学習プラットフォームです。AI人材やDX推進人材を育成するためのオンラインスクールとなっており、データサイエンティストコースやAI人材育成コースなどを提供しています。


AI人材育成コースは第四次産業革命スキル習得講座に認定されているため、要件を満たすことで給付金を受け取ることもできます。

テックアカデミー

テックアカデミーとは、現役ITエンジニアであるメンターからの直接指導を受けられるオンラインプログラミングスクールです。Pythonを学べるコースとしては、「Python」「AI」「データサイエンス」の3種類があります。


Pythonの基礎だけでなくAIやデータサイエンスも学びたい場合は、複数のコースをまとめて受講することも可能です。

CodeCamp

CodeCampとは、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが魅力のオンラインプログラミングスクールです。個別指導のスクールとなっているため、初心者でも受講生のレベルに合わせて指導してもらえます。


Pythonを学べるコースとしては「Pythonデータサイエンスコース」が提供されており、Pythonのプログラミングスキルだけでなく、データ処理やAI開発にも挑戦することができます。

Aidemy Premium

Aidemy PremiumはPython特化型のオンラインプログラミングスクールです。「データ分析講座」「AIアプリ開発講座」「E資格対策講座」などPythonに特化した8種類の講座を提供しており、Pythonを学ぶ目的に合わせて学習することができます。


また、実行環境も提供されているため、自分でPythonの環境を構築しなくてもすぐに学習を始められるのもポイントです。

高収入を狙えるPythonエンジニアの職種

Pythonを扱うエンジニアの中でも、特に年収水準の高い職種があります。高収入を狙いたいのであれば、年収が高い職種を目指すと良いでしょう。


ここでは高収入を狙えるPythonエンジニアの職種を紹介していきます。

AIエンジニア

AIエンジニアはAI技術を使った開発を専門とするエンジニアです。PythonにはAI開発に必要な機械学習やディープラーニングなどに特化したライブラリが充実しているため、機械学習の開発スキルを身につけることでAIエンジニアを目指すことも可能になるでしょう。

データサイエンティスト

データサイエンティストはデータ収集やデータ分析を行うエンジニア職です。分析結果から得た知見をビジネスに活かすスキルが必要になるため、数学や統計学、ビジネス知識など幅広いスキルが求められます。


データサイエンティストを目指す場合は、データ分析のスキルをしっかりと身につける必要があるでしょう。

Webアプリケーションエンジニア

WebアプリケーションエンジニアはWeb上で動作するアプリケーションを開発するエンジニアです。Web開発はフロントエンド開発とバックエンド開発にわかれますが、Pythonはバックエンドで利用される言語であるため、バックエンドの開発に携わることになるでしょう。


AIエンジニアやデータサイエンティストほど高収入ではありませんが、需要の高い職種であるため年収も高水準です。

Pythonを扱うエンジニアの年収を把握しておこう

Pythonを扱うエンジニアは他の言語のエンジニアと比較しても高収入です。ぜひ本記事で紹介したPythonエンジニアの平均年収や年収をアップさせる方法、Pythonの学習方法などを参考に、必要なスキルを身につけて高収入なPythonエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/04/28

2022/12/05

取引先5,000社以上の豊富な案件を毎日更新!
非公開案件から「あなたにぴったりの案件」をご提案します。