「自分の力だけで稼げるようになるには?」
「独立してみたいけど、仕事はどうやって探したらいいの?」
「独立に役立つ資格って?」


仕事の独立を考えると、沢山の疑問や悩みが浮かんでくるでしょう。


本記事では、独立できる仕事16選や、仕事を成功させるポイントを紹介し、さらに独立したい女性におすすめの仕事や、独立で役立つ資格についても紹介しています。


この記事を読むことで、独立のための仕事の選び方、仕事を成功させるために必要なことを把握することができます。仕事の独立について悩みを抱えている方でも、その知識をもとに自分にあった仕事を選択し、取り組むことができるでしょう。


仕事の独立を考えている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

独立できる仕事とは?

独立しやすい条件をもった仕事は、様々な職種で幅広く存在しています。その中から自分のライフスタイルや得意なスキル、持っている資格などの要素から、自分に合った仕事を選択することが必要です。


自分のやりたい独立できる仕事は何か、自分の条件に見合った仕事はどのようなものか、よく考えたうえで仕事を選んでいきましょう。

独立できる仕事の7つの特徴

独立できる仕事が幅広く存在しているといっても、どのような仕事でも独立できるというわけではありません。独立できる仕事の見極めが必要です。


ここでは独立できる仕事の特徴を7つ、紹介します。

1:個人で始められる

まず、自分一人でも始められるということがポイントです。個人で始めることで、他人との連携をとるなどの運営の手間や、コストの削減を図ることができます。


また、自分の思い立ったタイミングですぐに始められることも良い点です。副業として始められる職種も多いため、最初は副業としてスタートすることもできるでしょう。

2:コストがかかりすぎない

仕事で独立するためには、初期費用や運転資金といったお金が必要です。


職種によっては、高コストで手が出しづらい場合や、資金集めの時間が必要になる場合があります。資金調達に時間がかからず、始めたいときに始めるためにはコストがかかりすぎないということが重要です。


低コストであることで、事業が上手くいかなかった際のリスクも低く抑えることができます。挑戦しても仕事が順調に進まない場合や失敗してしまう場合もあるため、損失を減らすことも視野に入れて仕事を考えましょう。

3:需要が高い

独立ができる仕事について考えたとき、仕事として求められているか、つまり需要が高いかどうかも大切なポイントになります。


現在、人工知能の発展や機械化、コロナ禍などの影響で社会は大きく変化しています。需要が見込めなくなる可能性があるとされている職業もあるため、見極めて仕事を選択しましょう。


どのような社会であっても求められる、将来性のある仕事を見極めることが必要です。

4:特定の場所がいらない

特定の場所を設ける必要がないことは、独立できる仕事の特徴でもあり、メリットの一つでもあります。


まず、特定の場所を設けることにはお金が発生します。場所を借りるのであれば賃料がかかり、場所によっては交通費が必要です。先に述べたように、コストの削減も仕事の独立に大切な要素の一つとなるため、場所については慎重に考えましょう。


加えて好きな場所で仕事ができることは、自分のライフスタイルに合った仕事の環境を整えることにつながります。睡眠時間を調整したり、リラックスや集中できるお気に入りの場所で業務を行ったりできるため、自由に働きたい方におすすめです。

5:利益が見込める

仕事を続けるためには、利益を得る必要があります。利益率の高い仕事を行えば収入は増えますが、利益率の低い仕事であれば事業を行っても入ってくる収入は少ないでしょう。


利益を得るために、できるだけ利益率の高い仕事を選択することがおすすめです。

6:継続的な収入が見込める

仕事を独立すると、会社員とは異なり毎月決まった額がもらえるということはなくなります。収入が不安定で長く仕事を続けることが難しいといったことにならないためにも、継続的な収入が見込めることが必要です。


新しい顧客を得ることももちろん大切ですが、続けて仕事を頼んでくれる顧客をつくりましょう。そうすることで、ある程度の決まった収入を継続的に得やすくなります。

7:フランチャイズでできる

フランチャイズとは、フランチャイズを展開している企業と契約を結び、その企業のブランド名や運営のノウハウを使用して事業を展開していくことです。


フランチャイズ店を開業することのメリットとして、企業のブランド名を借りて集客がしやすくなったり、広告費や材料費などのコストを削減できたりする点が挙げられます。


また、運営のノウハウを教わることで独立が初めてでも安心して事業に取り組むことができるでしょう。

独立できる仕事16選

それでは、具体的にどのような職種が独立できる仕事といえるのでしょうか。ここで、おすすめできる仕事16選を紹介します。


自分の考える仕事の条件と照らし合わせながらご覧ください。

1:システムエンジニア

システムエンジニアとは、クライアントの要望に合わせてシステムの開発を行う職種です。IT業界の発展に伴い、需要が高いとされている仕事です。


システムエンジニアになるためには、専門的な知識やスキルを身につけなければなりません。未経験からでも挑戦できますが、ノウハウを習得するために学び、経験を重ねていくことが必要です。

2:せどり

せどりとは、商品を安く仕入れ、高く売ることで利益を得ることをいいます。せどりは、空き時間に商品情報を探したり相場をチェックしたりと手軽に始めることができ、まずは副業として始めたい方におすすめです。


しかし、商品を売るためには資金も必要で、うまく売ることができなければ在庫を抱えてしまうリスクもあります。簡単に始められてもリスクを回避するためにはある程度の経験や知識を身につけなければならないため、注意しましょう。

3:レンタルビジネス

レンタルビジネスとは、商品を購入してもらうのではなく貸し出すことで利益を得る業務のことをいいます。レンタルするもののアイデアによっては新たな可能性を広げ、新規事業として成功する場合もあるでしょう。


レンタルビジネスを成功させるためには、消費者側のニーズを理解しておく必要があります。まずは自分で商品をそろえるためにコストがかかるため、需要がなければ赤字で終了ということにもなりかねません。


どのような商品がどのような場面で求められるのか、しっかり調査して計画を立ててから仕事を始めましょう。

4:Webデザイナー

Webデザイナーはフリーランスの方も多く、独立できる仕事といえます。インターネットが普及した現在では様々な企業がWebマーケティングを行っており、そこにはWebデザイナーの存在が欠かせません。


Webデザイナーとして活動していくために資格は必要ありませんが、勉強をしなくてはなりません。ある程度のスキルを身につけることで独立した仕事として始めることができます。


また、個人でやっていくには、営業や経理などのデザイン以外の仕事もこなす必要があります。そのことを理解し、幅広い知識を身につけておきましょう。

5:プログラマー

プログラマーはアプリやシステムのプログラムを書く職業です。IT化が進んでいる現代では将来性も高く、需要のある職種となっています。フリーランスでも活動しやすいため、独立できる仕事です。


プログラマーになるためには、プログラミングスキルを身につけなければなりません。そして、ただスキルが必要なだけでなく、実際に働いたときのノウハウも知っておく必要があります。


加えて、仕事の量や出来によって収入も変化するため、最初は多い収入が見込めない可能性があるでしょう。根気強く学び、取り組む力が必要です。

6:Webマーケター

Webマーケターとは、広告やソーシャルネットワークサービスの運用、Webサイトの分析などといったWebを利用した企業の売り上げ戦略を担う仕事です。


インターネットを使った広告が数多くなっている今、Webマーケターは求められる職業となっています。また、未経験からフリーランスとして活躍することも可能です。


Webマーケターになるには、一般的なマーケティングの知識はもちろんのこと、ITに関する知識やデータ解析力も身につける必要があります。まずは下請けの仕事に取り組むことや、個人のブログで成果を出すなど、実践しながらスキルアップをしていきましょう。

7:教室運営

学習塾や語学スクール、スポーツ教室など個人でも開業することができる教室があります。自分の特技やスキルがあるならば、それを活かすのに最適な仕事です。


教室を運営する場所を自宅などに設定すれば、低コストでの開業ができます。しかし、人気が高い教室では競合相手も多く、ネームバリューがなければ集客も難しいでしょう。


フランチャイズで開業できる教室もあるため、自信のない人は始めやすさの観点からもフランチャイズを検討してみてもいいでしょう。

8:小売業

小売業は、消費者に向けて商品を販売する職種です。自分の好きなものを販売したり、サービスとして提供したりと、自分のお店をもつという夢をもっている方にはうってつけの仕事になります。


小売店の開業には、費用や備品が沢山必要になります。未経験で手軽に開業したい方にはフランチャイズでの開業がおすすめです。もちろんフランチャイズでも店舗数の多さやライバル店についてなど注意する点があるため、開業を考える際には慎重に進めるようにしましょう。

9:宅配サービス

宅配ドライバーも独立できる仕事の一つです。未経験からでも始めやすく、荷物を運ぶための自動車の用意ができれば初期のコストはほとんどかかりません。また、物流業界は需要も高いため、仕事としても求められています。


宅配サービスは出来高制で、働いた分だけ収入は増えますが働けなかった場合の収入が見込めません。安定した収入を得るためには、営業に力を入れたりフランチャイズ契約を結んで仕事をもらったりすることが必要になります。

10:コンサルタント

コンサルタントとは、クライアント企業から相談を受けて経営課題を明らかにし、課題解決案を提案したり、手助けをしたりする職業です。必要な知識とノウハウ、スキルを持っていればコンサルタントとして活躍することができます。


コンサルタントのことをよく学び、知識を身につければすぐにでも開業することができるでしょう。しかし、クライアントとのコミュニケーション能力や課題を見つけ出す力は必須です。


まずはコンサルティング業について学んでから、自分がその仕事に向いているかどうかを見極めてみましょう。

11:高齢者向けサービス

日本は今高齢化社会と言われています。つまり、高齢者向けサービスを提供する事業は需要が高く、独立した仕事として始めやすい状況です。


家事代行や買い物代行といった代行サービス、宅配配食サービスなど一口に高齢者向けサービスといっても様々な種類があります。フランチャイズ契約のできる仕事もあるため、一度調べてみることもおすすめです。


需要も高いですが競合相手も数多くいるため、運営方針や戦略はきちんと練っておく必要があるでしょう。

12:士業

士業とは、税理士、弁護士、行政書士などの資格が必要な職業のことをいいます。資格を得るためには勉強して試験を受ける必要がありますが、資格を取得することができれば独立はしやすいでしょう。


士業は専門性が高いため、仕事として求められています。しかし、その分専門の資格を取らなければなりません。資格の勉強のために時間や労力が必要です。

13:職人系

特別な技術を提供できるのならば、職人として独立することも可能です。専門職であるため、技術や知識があれば独立しても安定して仕事を得られる可能性があります。


まず職人になるには経験が必要です。職人として働けるだけの技術を身につけましょう。

14:飲食店経営

飲食店は、個人で開業されている人も多い職種です。自分の理想のお店という明確なビジョンがあり、事業計画を立てられる人は飲食店での独立を目指しても良いでしょう。


飲食店を開業するには、店舗や調理器具などをそろえるために資金が必要です。加えて開業に必要な資格も取らなければならないため、気軽な気持ちで始めることは難しい場合があります。

15:翻訳業

翻訳業は、フリーランスで働いている人が多い職種です。翻訳技術を身につければ、すぐに副業としてでも始められます。


始めやすい翻訳業ですが、自分で仕事を獲得しなければならず競争率も高いため、十分な翻訳スキルがなければなりません。翻訳者として独立して働きたい人は、高いレベルの翻訳スキルを身につける必要があるといえるでしょう。

16:ライター業務

ライターは、フリーランスで働く方も多い職業です。パソコンとインターネット環境があれば手軽に始めることができ、資格も必要ないため初心者でも挑戦しやすいといえるでしょう。


クラウドソーシングサイトなどで求人を探し、応募することで簡単に仕事として始めることが可能です。しかし、案件によっては単価が低いものもあるため、十分な収入を得られない場合もあります。


また、高単価の仕事を得るためには仕事を選ぶ力に加え、仕事を紹介してもらうためにライターとしてのスキルアップも必要です。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

女性におすすめの独立できる仕事は?

独立できる仕事は沢山ありますが、その中でも特に女性におすすめしたい仕事もあります。女性ならではの視点で、これまでの経験を活かして働ける、丁寧で細やかな業務が求められる仕事です。

家事代行サービス

家事代行サービスは、家事が得意な方、家事育児の経験が豊富な方におすすめの職種です。特別な資格は必要なく、気軽に始めることができます。


家事代行サービスには、掃除や子どものお世話など様々な種類のサービス内容があります。自分がどのようなサービスを提供するのか、競合と比べて事業を展開することが必要です。

カウンセラー

カウンセラーは人に向き合い、悩みに寄り添ってケアをする職業です。相手の話をじっくり聞き、自分の感情に左右されることなく冷静で穏やかでいられる人に向いています。


カウンセラーとして働くためには資格が必要です。資格には多くの種類があるため、自分がやりたい仕事に合った資格はどれか、資格がどのように活かせるのかを事前に調べておきましょう。

ペットシッター

ペットシッターは、お世話ができない家族の代わりにペットのお世話をする職業です。ペットと関わることが好きな人や、ペットのお世話を丁寧に行える人、ペット相手でも根気強く向き合える人におすすめです。


ペットシッターとして独立するには、資格を取ったり経験を積んだりしなくてはなりません。まずはペットシッターに必要な勉強をして、フランチャイズ店などで経験を重ねると良いでしょう。

独立して仕事を成功させる4つのポイント

これまで、独立できる仕事の特徴や独立できる職種を紹介してきました。しかし独立して仕事を成功させるためには、ただやみくもに仕事を始めるだけでなく、事業に根気強く取り組んだり運用の仕方を工夫したりする必要があります。


ここで仕事の独立を成功させるポイントを4つ、取り上げます。

1:専門性を身につける

未経験で独立することのできる仕事もありますが、まずはその仕事の専門性を身につけましょう。必要最低限の専門性は仕事を始めるうえで必須です。


専門の知識やスキルが身につけば、より高単価の仕事を請け負うことができるようになります。地道に実務経験を重ね、専門スキルを高めていくことも大切です。

2:副業から始める

まずは副業から始めることもおすすめです。すぐに会社を辞めて独立すると、失敗した際に収入がなくなってしまう可能性があります。


しかし、副業から始めることで余裕を持って事業に取り組めます。独立の明確なビジョンが見えてから本格的に事業に取り組むのも良いでしょう。

3:エージェントに登録する

IT関係の仕事で独立を考えている人は、フリーランスエージェントに登録するのも一つの手です。


フリーランスエージェントに登録すると、自分に適した仕事を紹介してもらえるため、自分で仕事を探して営業する必要がなくなります。また、クライアントとの条件交渉や税務サポートなども行ってくれるため、安心できる点もメリットです。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

4:国の助成制度を活用する

開業するための資金が必要である場合は、国の助成制度を活用することもできます。


県や市区町村によって様々な補助金・給付金制度があるため、自分が始めたい事業に合った制度を探すことが可能です。


出典:創業者向け補助金・給付金(都道府県別) |独立行政法人中小企業基盤整備機構
参照:https://j-net21.smrj.go.jp/support/covid-19/sogyo.html

仕事で独立するのに役立つ資格9選

独立できる仕事には、未経験でもすぐに始められる職種が数多くあります。特別な資格は必要なく、誰でも気軽に始められるものも多いです。


しかし、業種によっては資格が必須となる場合もあるでしょう。資格が必要ない職種であっても、資格を取ることで自分のスキルアップやクライアントとの信頼関係を築けるなど、得られるメリットもあります。


そこで、仕事で独立するために役立つ資格9選を紹介します。資格に興味がある方はぜひご覧ください。

1:行政書士試験

行政書士は士業にあたります。官公署に提出する書類や権利義務に関する書類などを作成する仕事です。


行政書士になるためには行政書士試験に合格し、資格を得ることが必須です。近年の合格率は10%前後と厳しい試験ですが、行政書士に興味がある方はまずは一度調べてみてください。


出典:試験概要 | 行政書士試験研究センター
参照:https://gyosei-shiken.or.jp/doc/abstract/abstract.html


出典:■最近10年間における行政書士試験結果の推移
参照:https://gyosei-shiken.or.jp/pdf/trans.pdf

2:日商簿記試験

簿記とは、事業の経営活動の記録や計算、整理などを行うことができる技能です。簿記の資格を取得することで、事業の経営管理に必要な知識やスキルが身につきます。


簿記の資格は、公認会計士や税理士などの資格とも相性が良く、それらの職業を目指している方にもおすすめです。


出典:簿記 簿記とは | 商工会議所の検定試験
参照:https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/about

3:マンション管理士試験

マンション管理士とは、管理組合の管理者やマンションの区分所有者の相談を受け、アドバイスや助言などの援助を行う職種です。


マンションの管理士の資格は、国家資格にあたります。マンションの管理を行うために欠かせない職業です。


出典:公益財団法人マンション管理センター|マンション管理士とは?
参照:https://www.mankan.org/aboutqlfy.html

4:AJESTHE認定エステティシャン

AJESTHE認定エステティシャンとは、エステティックに関する基礎知識とフェイシャルケアやボディケアに関する基礎を持っている人が取得できる資格です。


エステティシャンに興味がある方は、エステティシャンの資格について調べてみましょう。


出典:資格・検定 | 日本エステティック協会
参照:https://ajesthe.jp/esthetician/details_faceest_bodyest/

5:社会保険労務士試験

社会保険労務士とは、企業の人材に関する問題や相談に応じる職業です。労働社会保険の手続きを行ったり、労務管理の相談や指導を行ったりします。


社会保険労務士になるためには、社会保険労務士試験に合格して資格を取得する必要があります。試験は受験資格がないと受験することができないため、事前に確認しておきましょう。


出典:社労士とは|全国社会保険労務士会連合会
参照:https://www.shakaihokenroumushi.jp/about/tabid/203/Default.aspx

6:管理栄養士国家試験

管理栄養士になるためには、栄養士法(昭和22年法律第245号)第5条の2の規定に基づいて管理栄養士国家試験に合格する必要があります。


管理栄養士は専門的な知識を持ち、栄養指導や栄養管理を行います。栄養士とは異なる職業で、国家資格であるため試験を受けなければなりません。


出典:管理栄養士国家試験|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/kanrieiyoushi/

7:柔道整復師施術管理者研修

柔道整復師施術管理者研修試験とは、柔道整復師になるために必要な試験です。柔道整復師は接骨院や整骨院の開業ができます。


試験を受験するためには、指定された学校で3年以上勉強しなくてはなりません。


出典:1.柔道整復師国家試験の実施|公益財団法人 柔道整復研修試験財団
参照:https://www.zaijusei.com/introduction_1_shiken.html

8:ネイリスト技能検定試験

ネイリスト技能検定試験は、ネイリストになるために役立つ試験です。


ネイリストには資格が必要ありません。しかし、基礎的な知識を身につけスキルを向上させるためには資格を取得することがおすすめです。

9:製菓衛生師試験

製菓衛生師は、菓子製造業で働く人のことです。製菓衛生師になるには、製菓衛生師試験を受け、国家資格を取得する必要があります。


製菓衛生師の免許は、試験に合格すると各都道府県知事から付与されます。


出典:製菓衛生師|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000065164.html

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

独立できる仕事について理解しよう

独立できる仕事は、様々な職種で数多く存在しています。その特徴や成功のコツを理解し、自分に適した職業を選択しましょう。


独立できる仕事のことを理解し、着実に成功へと進んでいくことが大切です。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300