「Android開発のフリーランス案件にはどんな特徴がある?」

「Androidのフリーランスエンジニアを目指すメリットとデメリットって?」
「Androidのフリーランスエンジニアとして働くにはどうすればいい?」


このように、Androidのフリーランスエンジニアという働き方に興味を持っているという人もいるのではないでしょうか。


この記事では、Android開発のフリーランス案件の特徴や単価相場などについて解説しています。この記事を読むことで、Android開発のフリーランス案件について理解を深めることができるでしょう。


また、Androidのフリーランスエンジニアを目指すメリットやデメリットについても解説するため、転職を視野に入れている人も参考にできます。


Androidのフリーランスエンジニアについて知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Android開発のフリーランス案件に見られる特徴

フリーランスエンジニア向けのAndroid案件では、精度の高いAndroidアプリ開発が求められます。Androidアプリとひと口に言っても健康管理アプリやゲームアプリなどその種類は非常に豊富なため、フリーランス案件の内容も多種多様です。


いずれにしても、Androidのフリーランスエンジニアにはメンテナンス性の高いコードを書くスキルが求められるでしょう。また、Android案件では企業によってコーディングルールが決められているケースが多く、在宅でできる開発案件も少ない傾向があります。


Android案件にはアプリだけでなくタブレットへの実装を行う案件もありますが、海外製のタブレットの場合は品質の面から実装に苦労する可能性があるでしょう。

Androidのフリーランスエンジニアを目指す5つのメリット

現在会社勤めでAndroidエンジニアとして働いている人の中には、フリーランスエンジニアになることで具体的にどのようなメリットがあるのか知りたいという人もいるでしょう。


Androidのフリーランスエンジニアとして独立することにより、収入や働き方などの面でさまざまなメリットがあります。ここではAndroidのフリーランスエンジニアを目指すメリットを紹介するため、参考にしてみてください。

1:収入アップが期待できる

Androidのフリーランスエンジニアになることで、会社勤めをしている場合よりも年収がアップする可能性があります。会社員の場合は勤めている会社の賃金体系に従うことになるため、スキルがあったとしても直接収入アップにつながるわけではありません。


しかしフリーランスの場合は、自身のスキルや実績によって案件の単価も変わるため、年収が上がりやすくなります。そのため、スキルがあれば独立した方が年収がアップする可能性は高いでしょう。

2:自分で選んだ仕事ができる

フリーランスエンジニアであれば自分で好きな仕事を選べるというメリットもあります。会社勤めをしている場合、会社に指示された仕事をすることになります。場合によっては自分の専門外の業務を任せられることもあるでしょう。


しかしフリーランスエンジニアは自分で仕事を獲得することになるため、Androidエンジニアとしての自分の専門性を活かせる案件を選ぶことができるでしょう。

3:人間関係によるストレスの軽減が期待できる

会社勤めをしていると、職場の人間関係のいざこざに巻き込まれることもあります。また、配置転換などがなければ長期間同じチームで働くことになるため、同じチームに苦手な人がいた場合、嫌でも毎日顔を合わせなければいけません。


その点、フリーランスエンジニアは会社員のように深い人間関係を築くことがないため、人間関係のストレスを軽減することができるというメリットがあります。


フリーランスでも人と関わる機会はありますが、基本的なマナーが守れれば人間関係に悩む心配は少ないでしょう。

4:自由な場所で働くことができる

契約次第にはなりますが、フリーランスエンジニアであれば自由な場所で働くことも可能です。在宅案件であれば、自宅はもちろんコワーキングスペースやお気に入りのカフェなどで仕事をすることもできるでしょう。


会社員の場合はオフィスに出社する必要があるため、満員電車に乗らなければいけないことにストレスを感じる人もいるでしょう。しかしフリーランスであれば、そのようなストレスからも解放されます。

5:自由に経費を使える

Androidのフリーランスエンジニアとして個人事業主になれば、仕事で必要になった費用は全て経費として計上することができます。たとえば勉強のために購入した書籍代も経費にできるため、支出として計算することができます。


経費にできれば節税対策にもなるため、住民税や所得税などを減らすことで結果的に自分の手元に残るお金を増やすことにつながるでしょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Androidのフリーランスエンジニアで考慮すべき3つのデメリット

Androidのフリーランスエンジニアになることにはさまざまなメリットがありますが、一方でデメリットと言える点も存在しています。そのため、Androidのフリーランスエンジニアを目指すのであればあらかじめどのようなデメリットがあるのかも把握しておくことが大切です。


ここではAndroidのフリーランスエンジニアで考慮すべきデメリットを紹介していくため、参考にしてみてください。

1:事務作業も行う必要がある

フリーランスエンジニアとして働く場合、事務作業も全て自分で行うことになります。保険や年金の切り替えの手続きや経費の計上など、会社員であれば会社側が行ってくれたことも自分で行わなければいけなくなるため、手間に感じる人もいるでしょう。

2:収入が不安定になる可能性がある

会社員の場合は毎月決まった金額の給料が振り込まれますが、フリーランスエンジニアの場合は自分が対応した仕事の数や単価などによって収入が決まります。そのため、月によっては収入の差が激しくなる可能性もあるでしょう。


また、報酬が振り込まれるタイミングが案件完了後の数カ月後になるケースもあります。そのため、安定した収入を得たい人にはフリーランスエンジニアという働き方は向いていないと言えるでしょう。

3:社会的な信用が低くなる可能性がある

会社員の場合は企業に勤めているため、社会的な信用に繋がります。しかし個人で仕事をしているフリーランスエンジニアは後ろ盾がないため、社会的な信用が低くなります。


そのため、クレジットカードや住宅ローン、引越し先の審査などに通りにくくなる可能性があるでしょう。フリーランスエンジニアになるのであれば、会社に在籍している間にこれらの審査を済ませておくのがおすすめです。

Androidアプリ開発とiOSアプリ開発との4つの相違点

一般的にスマートフォンのOSとしてはAndroidとiOSの2種類がありますが、OSの違いによってアプリ開発にもさまざまな違いがあります。Androidのフリーランスエンジニアを目指すのであれば、具体的にどのような違いがあるのかも把握しておきましょう。


ここではAndroidアプリ開発とiOSアプリ開発の相違点について解説していきます。

1:開発ツールが違う

Androidアプリの開発ツールとしては、もともとはEclipseというツールが用いられていました。しかし現在ではサポートが終了しているため、Androidアプリの開発ツールとしてはGoogle社がリリースしているAndroid Studioという開発ツールのみとなっています。


一方、iOSアプリは開発ツールとしてApple社が開発、リリースしているXCodeを用いることになります。XCodeではiOSアプリだけでなくMac用のアプリケーションも開発可能です。

2:扱うプログラミング言語が違う

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、開発対象によって用いられる言語も変わってきます。Androidアプリ開発の場合、プログラミング言語はJava、C++、Kotlinが用いられていますが、iOSアプリ開発の場合はobjective-CやSwiftが用いられるという違いがあります。

3:参考にするデザインのガイドラインが違う

AndroidアプリとiOSアプリではデザインの原則も異なります。iOSアプリのデザインのガイドラインは明確で分かりやすいと言われています。


一方、Androidアプリもシンプルなデザインを推奨するガイドラインが設けられており、アプリ開発を行う際はiOS、Androidいずれの場合もデザインのガイドラインを順守することが重要です。

4:審査方法が違う

開発されたAndroidアプリやiOSアプリは、審査後にそれぞれGoogle Play、Apple storeで配信されることになります。しかし審査方法にも違いがあり、iOSアプリの審査は専門家が実施するため、Androidアプリよりも審査に時間がかかります。


一方、Androidアプリの場合は審査システムによって審査が行われるため、一日の内に複数バージョンを審査に出すことも可能です。

Androidのフリーランス案件の単価相場

Androidのフリーランス案件の単価相場としては、月額50~60万円ほどが相場となるでしょう。フリーランスの案件単価は経験年数によっても違いが出るため、経験年数が1年程度の場合は月額30~40万、5年以上の場合は月額70~80万円程度が相場となります。


基本的にはAndroidでの実務経験があるフリーランスを対象とした案件が多いですが、iOSアプリ開発やWebアプリ開発の実績がある場合、Androidでの開発経験が浅くても案件を獲得できる可能性があります。

AndroidとiOSアプリ開発の単価相場は?

Androidアプリ開発の単価相場は月額50~60万円が相場ですが、iOSアプリ開発の単価相場は月額60~70万円ほどとなります。そのため、iOSアプリ開発の方が単価相場が高い水準にあると言えますが、案件の内容や扱える言語、経験年数によっても報酬は前後するでしょう。

Android開発を行うエンジニアの平均年収は?

Android開発を行うエンジニアの正社員の平均年収は、550万円ほどとなっています。正社員の場合、アプリ開発者の平均年収には大きな差がないと言われているため、iOSアプリ開発を行うエンジニアの年収も同程度になるでしょう。


なお、ITエンジニア全体での平均年収は470万円ほどとなっているため、全体の平均年収よりもAndroidアプリ開発を行うエンジニアの方が年収水準は高いです。

Androidのエンジニア案件の主な内容

フリーランスエンジニア向けのAndroid案件としてイメージしやすいのはアプリ開発ですが、他にも制御組み込み系の案件やゲーム開発の案件などがあります。


ここではAndroidのエンジニア案件の主な内容について解説するため、参考にしてみてください。

制御及び組み込みの開発

Androidのエンジニア案件の中には、ハードウェア製品やガジェット開発などの制御及び組み込み系の開発案件も存在しています。組み込み系の案件でもUIを通して機器を操作するような案件では、Androidのフリーランスエンジニアのニーズが高いです。


制御及び組み込み系の案件例としては、IoT機器や自動車に関連した案件が挙げられます。

アプリの開発

スマートフォン向けアプリ開発は、Androidの業務委託案件の中でも多い案件です。アプリの開発案件だけでなく、アプリの企画や設計など上流工程に関わる案件や、運用効率化を中心とした案件もあります。


また、システム開発会社からの案件の中にはAndroidアプリとiOSアプリを同時進行で開発するものもあるため、AndroidとiOS開発両方のスキルを持ったエンジニアはニーズが高いでしょう。

ゲームの開発

Androidアプリのジャンルの一つであるゲームも開発需要の高い分野であるため、Android案件として多くの数があります。ゲーム開発の場合はクライアントのオフィスに常駐して開発を行うケースも多いでしょう。


近年ではさまざまなスマホ向けソーシャルゲームがあるため、開発規模が大きなゲームの場合はタスクを細かく分けて対応することになるでしょう。

Androidのフリーランスエンジニアとして働くためのポイント

Androidのフリーランスエンジニアとして働くには、Android開発に必要な知識やスキルを身につける必要があります。


ここではAndroidのフリーランスエンジニアとして働くためのポイントを紹介していきます。

初心者はJavaの知識を身につける

まずはAndroidの開発に用いられるプログラミング言語のスキルを身につける必要があります。Androidの開発言語としてはJavaとKotlinが現在の主流となっているため、初心者の場合はJavaを習得すると良いでしょう。


Javaは習得難易度が高めですが、Androidエンジニアになるためには必要な言語です。なお、KotlinはJavaをシンプルにした言語であるため、Javaが扱えるようになれば比較的簡単に習得できるでしょう。

Androidの仕組みを理解する

Androidのフリーランスエンジニアとして働くためには、Androidの仕組みについても理解しておく必要があります。ミドルウェアやソフトウェアなど、Androidがどのように構成されているのか把握しておきましょう。


また、Androidは端末の操作などがメーカーごとに違っているため、UIについても把握しておくと開発に役立ちます。

実際にアプリを作る

Androidでの開発に必要な知識を身につけたら、実際にアプリを開発していきましょう。未経験からAndroidのフリーランスエンジニアを目指す場合、実務経験がなければ案件を獲得することは難しいです。


そのため、実際に自分でアプリを作り、ポートフォリオとして活用できるようにすると良いでしょう。

保守や運用のスキルを身につける

Androidの案件の中には開発案件以外にも保守や運用の案件もあります。経験が浅い内は保守や運用の案件を任されることも多いため、保守運用のスキルも身につけておくとよいでしょう。

Android開発のフリーランス案件を受注しやすくする方法

Androidのフリーランスエンジニアとして長く働くためには、しっかりと案件を獲得できるようにする必要があります。ここではAndroid開発のフリーランス案件を受注しやすくする方法を紹介していきます。

エージェントを使って探す

エージェントの中にはフリーランスエンジニア専門のエージェントサービスもあるため、活用するとよいでしょう。エージェントであれば自分の希望に合った案件を紹介してもらえるため、自分で営業活動をしなくても効率的に案件を獲得できるでしょう。


また、報酬の交渉や福利厚生といったサポートを受けられる点もポイントです。

ポートフォリオを充実させる

ポートフォリオは一度作ったらそのままにするのではなく、更新して最新の状態にしておきましょう。クライアントはポートフォリオを見てフリーランスのスキルを判断します。


ポートフォリオが充実していると、新しく身につけたスキルを活かせる高単価案件なども獲得しやすくなるでしょう。

高単価なAndroidのフリーランス案件を獲得する方法

Androidのフリーランスエンジニアとして単価を上げるためのポイントとしては、スキルアップ以外の要素も関わってくるでしょう。ここでは、高単価なAndroidのフリーランス案件を獲得する方法について解説していきます。

コミュニケーションスキルを身につける

フリーランスエンジニアにはコミュニケーションスキルも必要とされます。特に規模の大きな高単価案件を獲得するためには、チームメンバーと円滑な意思疎通が行えるだけのコミュニケーションスキルが求められるでしょう。


スキルは高くてもコミュニケーションスキルが欠けた人材がチームに居ると、情報共有などがうまくいかず作業にも悪い影響を与える可能性があります。

専門性がある業務知識を身につける

専門性の高い知識やスキルを持っている場合、高単価な案件を獲得できる可能性があります。たとえば組み込み系などの専門性のある知識を持っている場合、Android案件の中でも対応できる仕事の範囲が広がります。


そのため、結果的にニーズの高い人材として高単価案件も獲得できるようになるでしょう。

マネジメントや上流工程を経験する

プロジェクトマネージャーや上流工程の業務を担える人材はそれだけ高額な報酬が期待できます。そのため、Androidアプリ開発の現場でのマネジメントや企画、設計といった上流工程の経験を積むことが大切です。


このような経験があれば、Androidアプリの開発だけでなく設計などの段階から案件に参画できる可能性があるでしょう。

Androidのフリーランスエンジニアの将来性

Androidアプリはさまざまなジャンルのアプリがリリースされており、その数も増加傾向にあります。また、iOSアプリの場合はiPhoneのシェアにも左右されますが、Androidアプリの場合はさまざまなメーカーがデバイスを販売しているため、影響を受けることも少ないです。


そのため、Androidのフリーランスエンジニアは将来性が高いと言えるでしょう。

40代~60代のシニアエンジニアのための求人サイト『SEES』

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!


この度、株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees/)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】

上記3項目においてNo.1を獲得し三冠達成しております!

Androidのフリーランスエンジニアを目指そう

Androidのフリーランスエンジニアは将来性にも期待できる職業です。この記事で紹介したAndroidのフリーランス案件の特徴やAndroidのフリーランスエンジニアとして働くためのポイントなどを参考に、スキルを身につけてAndroidのフリーランスエンジニアを目指しましょう。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

この記事の監修

株式会社Miraie

2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。
SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

監修者インフォメーション

https://miraie-group.jp/
所在地:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル6階(開発センター)
設立:2007年7月(3月決算)
従業員数:55名(正社員)
電話:03-5774-6300