シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

プロジェクトリーダーの役割や仕事内容とは?必要なスキルなどもあわせて解説

プロジェクトリーダーに興味があるが、プロジェクトリーダーの役割や仕事内容が分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、プロジェクトリーダーの仕事内容や、必要なスキルなどを解説しています。悩む前に、この記事を読んでみましょう。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「エンジニアとしてそれなりに業務経験が積めてきたので、そろそろ管理職であるプロジェクトリーダーになりたいが、どんな役職なのかわからない。」
「プロジェクトリーダーになると給与も市場価値も大きく上がるらしいのだが、普段どのような業務をしているのか、よくわからないので知りたい。」


このような悩みを抱えているエンジニアの数は多いです。


この記事にはプロジェクトリーダーの役割や仕事内容の他、必要なスキルなども紹介しています。


この記事を読めば、プロジェクトリーダーの業務内容やなり方がわかるため、エンジニアとしてキャリアアップできる可能性が広がります。


この記事を読んでプロジェクトリーダーについて熟知し、管理職に挑戦してみましょう。

プロジェクトリーダーってなに?

プロジェクトリーダーとは、開発プロジェクトを完遂するためにリーダーとしてのチームメンバーを率いる責任者です。特に大きなプロジェクトの場合は、担当領域ごとにメンバーや納期の管理を行う人材が求められます。


プロジェクトリーダーとして働く場合は、チーム全体に気を配りながらプロジェクト成功のために動いていきます。

プロジェクトマネージャーとの違い

プロジェクトリーダーは開発現場の責任者ですが、プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の責任者として取引先やクライアントとの間でも責任を負う立場にあります。


また、プロジェクトマネージャーはプロジェクトリーダーのキャリアアップとしてもメジャーです。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

プロジェクトリーダーの仕事はどんなものがある?

プロジェクトリーダーは、チームメンバーを統率して納期までに成果物を完成させることになるため、様々な仕事を並行して行うことになります。


プロジェクトリーダーの仕事には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここではプロジェクトリーダーの仕事について紹介していきます。

チームをまとめる

開発プロジェクトではプロジェクトの全体管理を担うプロジェクトマネージャーがおり、その下に担当領域ごとのチームが存在し、それぞれの領域にプロジェクトリーダーが配置されます。


プロジェクトリーダーは自身が管理する担当領域のリーダーとしてチームを統括し、プロジェクトを成功へと導くという役割を持ちます。

スケジュール管理

プロジェクトリーダーはプロジェクトの納期に間に合うように、スケジュール管理を行います。納期に間に合わなければプロジェクトを完遂できなくなるため、プロジェクトリーダーの責任は重大です。


どのように綿密なスケジュールを立てていても現場は様座なトラブルが発生するため、プロジェクトリーダーには速やかな問題解決を行うスキルが必要になります。

タスクをスムーズに消化させる

プロジェクトには消化していかなければいけない様々なタスクが存在します。プロジェクトを問題なく完了させるためにも、タスクをスムーズに消化させていくことも仕事の1つです。


チームメンバーがタスクを消化できているか管理することはもちろん、自身のタスクも消化していく必要があります。そのため、プロジェクトリーダーは常に自身のタスクと同時進行でメンバーのタスク管理、調整などを行うスキルが必要でしょう。

担当領域のトラブル回避や問題解決

プロジェクトを進めていると様々な問題が発生しますが、担当領域内での問題を解決することもプロジェクトリーダーの仕事です。


トラブルや問題の発生を未然に回避するために、プロジェクトリーダーがチームのフォローを行うケースも多いです。また、実際に問題が発生した場合は、速やかな問題解決と再発防止策を講じます。

メンバーの成長を促して生産性を上げる

プロジェクトリーダーはメンバーの技術的な成長を促すことはもちろん、精神面でのサポートも行います。


プロジェクトリーダーがメンバーとコミュニケーションをとってそれぞれのスキルを正確に把握し、メンバーの成長を促進することにより、チーム全体としての生産性も向上させられるでしょう。

メンバーのモチベーションを高く保つ

プロジェクトリーダーは、チームのメンバーのモチベーションを高く保つというメンバーコントロールも行います。メンバーのモチベーションを高く保ち、チームの雰囲気を良くすることは、プロジェクトをスムーズに進めていくためにも需要なポイントとなります。


プロジェクトリーダーがメンバーに対して適切な業務配分を行い、働きかけを行うことでチームのモチベーションを高めることもできるでしょう。

他の担当領域と連携をとる

プロジェクトでは、担当領域ごとの成果物を連携させて最終的に1つの成果物に仕上げることになります。そのため、プロジェクトリーダーは他の担当領域と連携をとりながら業務を進めていくことになります。


他のチームと小まめな相互確認を行い、連携をとれるようにすることで、チーム同士で上手く協力し合いながらプロジェクトを円滑に進めていけるでしょう。

働きやすい環境にする

プロジェクトリーダーはチームメンバーのモチベーションを管理し、働きやすい環境を整えることも仕事です。また、特定のメンバーに仕事が偏らないように調整し、メンバーを休ませることも重要です。


プロジェクトリーダーからの働きかけによって働きやすい労働環境にすることで、チーム全体の生産性や効率を向上させられるようになります。


また、チームメンバーからよりよいチームづくりに活かせるような提案があれば、積極的に採用して環境改善に取り組みましょう。

業務内容の把握

プロジェクトリーダーはプロジェクトを進行するため、業務内容を常に把握しておくことが求められます。プロジェクトでの要件定義や設計などの把握はもちろん、問題なくシステムが構築できていることも確認します。


また、プロジェクトリーダーは成果物の品質が要件を満たしているかどうかの管理も行うため、業務内容を正確に把握している必要があると言えるでしょう。

プロジェクトの進捗管理

進捗管理を行うためには、管理するチームはもちろん、関係する他のチームの進捗状況についても把握しておくことが求められます。


また、プロジェクトの全体会議などにはできるだけ積極的に参加し、チームの報告や情報共有などを行うことでプロジェクトの状況把握に努める必要があるでしょう。

プロジェクトが完了するまで責任を持つ

プロジェクトリーダーはプロジェクトを完遂するという役目を持つ現場の責任者であるため、プロジェクト完了までしっかりと責任を持ってタスクを完了させる必要があります。


この責任を全うするために、タスクの消化や進捗管理などを行うと言っても良いでしょう。プロジェクトリーダーは責任も重たいポジションですが、その分大きなやりがいのある仕事だと言えます。

プロジェクトリーダーに必要なスキル

プロジェクトリーダーは様々な業務を行うことになるため、求められるスキルも多いです。プロジェクトリーダーを目指す場合は、どのようなスキルが必要なのか把握した上で身につけていく必要があるでしょう。


ここでは、プロジェクトリーダーに必要なスキルを紹介していきます。

リーダーシップ

リーダーシップとは、チームメンバーに対する細やかな気遣いを行い、周囲からの信頼を得て、チームメンバー全員を牽引していくスキルのことです。


リーダーシップはプロジェクトリーダーに求められる資質ですが、実務経験を通してリーダーシップを育てていくことも可能です。

マネジメントスキル

プロジェクトリーダーの場合、業務で必要となるスケジュール管理や人材管理、品質管理などの総合的に管理監督するスキルのことをマネジメントスキルと呼びます。


マネジメントスキルを身につけるには経験を積む必要があるため、管理職を目指すためには意識的にマネジメントスキルを磨くようにしましょう。

コミュニケーションスキル

プロジェクトリーダーがプロジェクトの進捗を正確に把握するためには、メンバーの声に耳を傾ける必要があります。


コミュニケーションスキルに優れたプロジェクトリーダーはメンバーからの信頼も得られるため、円滑な人間関係も構築できるでしょう。

危機管理能力

危機管理能力とは、トラブルが発生した際に速やかな対応を行うためのスキルです。


事前に十分な体制を整えていたとしても、プロジェクトを進行していると大小様々なトラブルが発生することになるため、プロジェクトリーダーには危機管理能力が求められます。

進捗・品質・コストなどの管理スキル

プロジェクトリーダーは、プロジェクトの成果物をスケジュールと予算の範囲で、良質なものを提供する必要があります。


Project Management Body of Knowledgeの略称であるPMBOKでも、品質管理は重要な要素となっています。

ITについての高い知識

プロジェクトリーダーは開発現場の責任者であるため、プログラミング言語などのIT知識も必要になります。


自身で開発作業を行うわけではありませんが、ITについての高い知識を持っておけばチームメンバーと技術的な話をしたり、メンバーに的確な指示を出せるようになります。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

状況を把握した報告スキル

プロジェクトリーダーはチームの状況を整理し、適宜クライアントや会社の役員等に報告をしなければならないため、状況を把握した報告スキルが必要となります。


課題がある場合は、他のチームリーダーや、チームリーダーよりも上の役職の人に共有と相談をする必要があります。

エンジニアがプロジェクトリーダーになるためにおすすめの資格

プロジェクトリーダーに必要な知識やスキルを身につけるためにも、関連した資格取得を目指すのがおすすめです。また、資格を取得することで一定の知識を持っていることを証明できるようになるため、キャリアアップに役立つでしょう。


ここでは、エンジニアからプロジェクトリーダーになるためにおすすめの資格を紹介していきます。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、高度IT人材に求められるITに関する応用的な知識やスキルを認定する資格です。経済産業省が認定している情報処理技術者試験の1つで、ITスキル基準のレベル3に相当する国家試験です。


幅広いIT知識を身につけられるため、キャリアアップしていきたいエンジニアにおすすめだと言えるでしょう。


出典:応用情報技術者試験(AP)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験とは、プロジェクトマネージャーとしての役割を担うために必要な知識や実践能力を証明できる国家試験です。情報処理技術者試験の中でもITスキル基準のレベル4に相当する難しい試験です。


プロジェクトマネジメントスキルを認定する資格であるため、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーを目指す人はぜひ取得したい試験だと言えるでしょう。


出典:プロジェクトマネージャ試験(PM)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験とは、システム開発の上流工程であるシステムアーキテクチャ設計業務に必要な知識やスキルを証明できる国家試験です。情報処理技術者試験の1つで、ITスキル基準のレベル4に相当する試験となっています。


システム開発の要件定義や構造設計を行う上級エンジニアを対象とした試験となっているため、取得することで高度なスキルを持つことを証明できます。


出典:システムアーキテクト試験(SA)|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sa.html

PHP5上級試験・準上級試験

PHP5技術者認定上級・準上級試験は、経済産業省が定めたガイドラインである「ITスキル標準(ITSS)」に掲載されている資格試験です。


取得することで、PHPの言語仕様から実用的なプログラミングテクニックの知識を持ち合わせていることを証明することができます。


出典:PHP5上級試験/準上級試験|PHP 技術者認定
参照:https://www.phpexam.jp/summary/expert/

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は、情報化社会の中で中核的役割を果たすべき情報処理技術者の育成と確保を目的とした試験です。


この試験に合格することで、一定以上の情報処理に関する知識と技術を習得していることを証明することができます。


出典:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/

プロジェクトリーダーの年収はどれくらい?

マイナビによるとプロジェクトリーダーの平均年収は520万程度となっており、20代の平均年収は470万円程度、30代になると550万円程度となっています。


IT業界の中でも高い水準に設定されており、30代になると平均年収が80万円前後上がっていることから、業務経験の多さが大きく影響してる可能性が高いです。


出典:プロジェクトリーダー|マイナビ
参照:https://mynavi-agent.jp/it/jobindex/03.html

エンジニアからプロジェクトリーダーになるには

エンジニアからプロジェクトリーダーを目指す場合、まずはシステムエンジニアになり、経験を積んでプロジェクトリーダーになるというケースが一般的です。


プロジェクトリーダーとして業務を行うには幅広いスキルや経験が必要とされるため、まずはシステムエンジニアとしてマネジメント力やリーダーリップなどを磨く必要があるでしょう。

プロジェクトリーダーからのキャリアパス

プロジェクトリーダーからのキャリアパスとしては、より上位職であるプロジェクトマネージャーを目指す場合が多いです。


予算の折衝など社外との交渉も必要になるため、プロジェクトリーダーよりもさらに高いコミュニケーション能力やマネジメント能力が必要になります。

エンジニアとしてのスキルを磨いてプロジェクトリーダーを目指そう

プロジェクトリーダーはチームをまとめる開発現場の責任者です。


本記事で紹介したプロジェクトリーダーの仕事内容や必要とされるスキル、プロジェクトリーダーにおすすめの資格などを参考に、プロジェクトリーダーを目指しましょう。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/05/09

2022/11/07