シニアのフリーランスエンジニア向け IT求人・案件サイト【SEES】

お役立ち記事

Pythonフリーランスエンジニアの将来性は?収入アップに必要なことも解説

Pythonのフリーランスエンジニアには将来性があるのでしょうか。本記事ではPythonが持つ需要や特徴、Pythonが使われる職種、Pythonを扱うフリーランスエンジニアになる方法などを紹介するため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

<業界実績15年>
シニアフリーランス専門
エージェントSEES

40~60代以上のシニアエンジニア案件・求人探しは、私たちにお任せください!
ご登録者様限定で、Webに公開していない非公開案件をご提案いたします。

目次

「Pythonの需要や特徴って?」
「Pythonを利用することにはどんなメリットがある?」
「Pythonを扱うフリーランスエンジニアになるにはどんな方法があるの?」
このように、フリーランスエンジニアを目指している人の中には、Pythonの将来性について詳しく知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。


本記事では、Pythonの需要や特徴について紹介しています。本記事を読むことで、Pythonを扱えるようになることのメリットについても把握できるでしょう。


また、Pythonを扱うフリーランスエンジニアになる方法についても解説するため、Pythonのフリーランスエンジニアを目指している人も参考にできます。


Pythonフリーランスエンジニアの将来性について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pythonが持つ需要

Pythonは、近年注目されているAI開発の分野に必須の言語となっているため、非常に需要が高いと言えます。某求人サイトのプログラミング言語の求人数ランキングでも、Pythonは上位に入っています。


今後もPythonはAI分野で活用されていくため、AI市場の拡大に伴ってPythonの需要も拡大していくことが期待できます。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

Pythonフリーランスエンジニアの現状について

PythonはAI開発や機械学習などの分野で注目されている言語であるため、今後も発展が期待されています。しかしPythonのフリーランスエンジニアは需要の高さに対して、供給が追いついていないのが現状となっています。

Pythonフリーランスの案件数について

SEESが保有しているPythonの案件数は、2022年7月時点で80件ほどとなっています。他のメジャーなプログラミング言語と比較すると、現状ではまだ案件数は少ないと言えるでしょう。

Pythonフリーランスの年収について

Pythonは需要の高さに対して人手が足りていない状態であるため、希少性が高いです。Pythonの案件は平均単価が60~80万円となっており、高いもので100万円を超えるものもあります。


そのため、Pythonフリーランスの年収はJavaやJavaScriptを扱うフリーランスの年収よりも高く、900万円程度であると言えるでしょう。

Pythonが持つ特徴

PythonはAI開発などの分野で利用されていることもあり、近年注目を集めているプログラミング言語です。


また、Pythonは「便利なライブラリが充実している」「フレームワークも豊富にある」「機械学習や深層学習分野の実績がある」「コードがシンプルである」といった特徴があることから、需要が高い言語になっていると言えるでしょう。


ここでは、Pythonが持つ特徴について解説していきます。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

便利なライブラリが充実している

Pythonは、便利なライブラリが豊富に揃っているという特徴があります。たとえば、PythonにはWebスクレイピングや画像認識などのAI開発や、機械学習などに活用できるライブラリが充実しています。


そのため、Pythonを利用すれば、これらの機能をプログラミングによって一から開発しなくても、ライブラリを使うだけで簡単に実装できるでしょう。

フレームワークも豊富にある

Pythonにはフレームワークも豊富に用意されています。フレームワークはアプリケーションなどの土台になるもので、Pythonのフレームワークを利用すれば、規模の大きなWebアプリケーションやWebサービスなどを効率よく開発できるでしょう。


また、PythonのフレームワークにはWeb開発をする際に必須となるような画面遷移やログイン、DOM操作などの機能を簡単に構築できる仕組みが最初から用意されています。


フレームワークを利用すれば自然にコードの書き方も統一されるため、複数人での開発を行う場合はメンテナンスなどがしやすくなるでしょう。

機械学習や深層学習分野の実績がある

Pythonは機械学習や深層学習(ディープラーニング)など、専門分野での実績があることも特徴です。前述のとおり、Pythonは特に近年注目を集めているAI分野や、機械学習などの分野で活用されている言語です。


深層学習はAI開発に必須の技術で、コンピューターに膨大な量のデータを学ばせることで、人のような知的振る舞いを可能にするものです。また、深層学習を行う場合には機械学習の基礎も押さえておく必要があります。


Pythonであればこれらの分野で多くの実績があるため、AI開発などの先端分野に携わりたい人には必須の言語だと言えるでしょう。

コードがシンプルである

Pythonは、他のプログラミング言語と比較してもコードがシンプルという特徴があります。コードが短いためプログラムが書きやすく、ソースコードに何が書いてあるのかも読みやすいです。


そのため、エラーが発生しても発生個所がわかりやすく、開発者以外の人がコードの修正を行う場合もバグを発生させにくいです。また、初心者でも学びやすいといった様々なメリットがあります。

Pythonはフリーランスエンジニアに適した言語なのか?

Pythonは日本ではまだあまり採用されていませんが、海外では有名企業が利用している言語です。そのため、今後は日本でも人気が高まっていく可能性は十分あるでしょう。


現在は使用する機会があまりなかったとしても、フリーランスエンジニアとして今後のためにPythonを習得しておくのはおすすめです。

Pythonを扱うメリット

ここまで紹介したとおり、Pythonには他の言語とは異なる様々な特徴があります。また、Pythonには「動作をすぐに確認できる」「汎用性がある」「書き換えなしで他の環境にも使える」などのメリットがあるため、様々な開発現場で活用されています。


ここでは、Pythonを扱うメリットについて解説していくため、参考にしてみてください。

プログラムの動作をすぐに確認できる

プログラミング言語には、コンパイラ型言語とインタプリタ型言語の2種類があります。コンパイラ型言語は実行速度が速いですが、プログラムを実行する際にソースコードを機械語にコンパイルする必要があるため、動作確認に時間が掛かる点がデメリットです。


一方、Pythonはインタプリタ型の言語となっているため、プログラム実行時にすぐに動作確認ができるというメリットがあります。

様々なシステムをつくれて汎用性がある

PythonはAI開発に特化していると思われることもありますが、非常に汎用性が高い言語のため、様々なシステムの開発に活用されています。


PythonはAIや機械学習などの分野のほかに、YouTubeやInstagramなどを代表とするWebアプリケーション開発、デスクトップアプリケーション開発やブロックチェーン開発などにも利用されています。

書き換えなしで他の環境にも使える

Pythonは仮想環境を使って開発することができるため、マシンなどの環境に関係なく仮想環境上で利用することができます。


また、仮想環境を利用すればPythonのバージョンが異なっていても同時に使用することができるため、複数のバージョンのPythonを使い分けることも可能です。

Pythonで可能になること

前述のとおり、Pythonは様々な分野の開発に活用されている、汎用性の高いプログラミング言語です。Pythonができることとしては、「データ処理・データ分析」「Webアプリの開発」「スマホアプリの開発」などがあります。


ここでは、Pythonで可能になることについて解説していくため、参考にしてみてください。

効率的なデータ処理や分析ができる

Pythonはデータ分析やデータ処理などに強みを持つライブラリが充実しているため、Pythonを活用することで、それらを効率的に行えるようになります。データ分析に便利なPythonのライブラリとしては、Pandas、NumPy、SciPyなどが代表的だと言えるでしょう。


また、Pythonは他の様々なシステムと連携することができるため、Pythonを使うことでExcelを開かずに特定のデータのみを抽出し、別のアプリケーションへコピーするといった操作も可能になります。

データ処理・データ分析案件例

データ処理・データ分析の案件には、求人広告のWebマーケティングに関する案件などがありました。フルリモート可能な案件となっており、月額単価65万円ほどとなっています。

Webアプリを開発できる

PythonはWebアプリ開発に用いられることが多く、大規模なWebアプリの開発にも採用されています。たとえば、YouTubeやInstagram、DropboxなどのWebアプリもPythonを使って開発されています。


PythonにはWebアプリ開発に適したライブラリやフレームワークも用意されているため、あらゆるWebアプリ開発の現場で採用されていると言えるでしょう。

Webアプリ開発案件例

Webアプリ開発の案件には、Webアプリのバックエンド開発や運用に関する案件などがありました。週2日、週3日出社で一部リモート勤務可能な案件となっており、月額単価85万円ほどとなっています。

スマホアプリを開発できる

Pythonはスマホアプリの開発も行うことができます。ただし、スマホアプリはAndroidであればJavaやKotlin、iOSであればSwiftなどを利用するケースが多いため、実際にPythonを使ってスマホアプリを行っている企業が少ないでしょう。

スマホアプリ開発案件例

スマホアプリ開発の案件には、iOS/Android向けのネイティブゲームアプリの開発案件がありました。フレックス制ありの案件となっており、月額単価70万円ほどとなっています。

Web上から自動でデータを取り出せる

Pythonを使えば、インターネット上にあるデータを自動的に抜き出すWebスクレイピングが行えます。Web上の情報収集にはクローリングやスクレイピングなどの技術が用いられていますが、pythonを使えばこれらが簡単に行えます。


Pythonを利用することで、株価の情報を収集してシステム上に最新の株価を表示するといったことも可能でしょう。

人工知能を開発できる

ここまで紹介したとおり、Pythonは特に人工知能の開発に適していることで注目を浴びている言語です。Pythonには、AIや機械学習などの分野で必須のNumPyやSciPyといった数学や科学技術、統計用のフレームワークが豊富に用意されています。


また、TensorFlowやPyTorchといったディープラーニング用のライブラリも利用することができるため、人工知能の開発を効率的に行える言語です。

ブロックチェーン業界に活用できる

ブロックチェーンとは、ブロックという単位でデータを管理し、ブロックを連結することによってデータを保管するビットコインの基幹技術です。Pythonはブロックチェーンの開発にも活用されており、フィンテック業界を支えています。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

Pythonを扱うときの注意点

Pythonは様々なことに活用できる汎用性が高い言語ですが、いくつかのデメリットもあります。そのため、Pythonの習得を目指す場合は、事前にどのようなデメリットがあるのか把握しておくことが大切です。


ここでは、Pythonを扱うときの注意点を紹介していくため、参考にしてみてください。

インデント数に気を付ける

Pythonは、コードを記述する際にインデント(字下げ)が必要な言語です。Pythonはインデントによって、そのコードのブロックを一つの処理と認識するという特徴があります。


そのため、インデント数が違っていたりインデントを付け忘れていると、処理のまとまりを正しく認識することができずエラーが発生します。Pythonを扱う場合は、インデントに気を付けるようにしましょう。

処理速度が遅い

前述のとおり、Pythonはインタプリタ型の言語です。インタプリタ型言語はコンパイラ型言語に比べて、処理速度が遅いという特徴があります。


また、Pythonは動的型付き言語ということもあり、他のインタプリタ型言語と比べても処理速度が遅いです。そのため、Pythonは実行速度が重要な基幹システムなどの開発では利用しにくく、実績もほとんどありません。

日本語サポートがまだ少ない

Pythonは世界的に多くの開発現場で採用されている言語ですが、日本で利用されるようになってからはまだあまり時間が経っていません。そのため、日本語でのサポートがまだ少ないという注意点があります。


学習サイトなどを利用してPythonの学習をしようと思っても、他のプログラミング言語に比べると日本語のサイトは多くはないため、不便に感じる可能性もあるでしょう。

Pythonが使われる職種

Pythonはデータ分析やWebアプリケーション開発など、幅広い分野に対応できる言語です。そのため、Pythonを使う職種にも「データサイエンティスト」や「AIエンジニア」、「Webエンジニア」など様々なジャンルの職種があります。


ここでは、Pythonが使われる職種について紹介していきます。

データサイエンティスト

データサイエンティストはデータ収集やデータ分析を行い、分析結果をビジネスの意思決定に活用するためのサポートを行う職種です。また、データサイエンティストは機械学習やディープラーニングなどを行います。


Pythonには機械学習などに活用できるライブラリが豊富に揃っているため、Pythonを扱えればデータサイエンティストになることも可能となるでしょう。

AIエンジニア

AIエンジニアはAIに関連した開発を専門的に行う職種です。AI開発は近年非常に注目度の高い分野となっているため、AIエンジニアは将来性がある職種だと言えます。


前述のとおり、PythonはAI開発に必要な機械学習やディープラーニングに特化したライブラリが充実しているため、PythonのスキルやAI開発の専門的な知識があれば、AIエンジニアになることも可能でしょう。

Webエンジニア

Webエンジニアは、WebソフトウェアやWebアプリケーションなどの開発を行う職種です。前述のとおり、PythonはWebアプリケーション開発に便利なライブラリやフレームワークも充実しています。


現在、多くの人が利用しているYouTubeやInstagram、FacebookなどもPythonが利用されているため、Pythonが扱えればWebエンジニアとしても活躍できるでしょう。

マーケティング職

データサイエンティストと同様に、マーケターなどのマーケティングを専門に行う職種もデータ分析を行います。マーケティング職はデータ分析によって市場分析やWebサイトのアクセス解析などを行い、分析結果を企業のマーケティングに活かす職業です。


Pythonはデータ分析やデータ解析に強みを持つため、Pythonが扱えればマーケティング職になることもできるでしょう。

Pythonのリモート案件はあるのか?

Pythonにもリモート案件は存在します。Pythonの場合は案件によって業務が全く異なるため、内容によっては一部リモートやフルリモート可となっているものもあります。


たとえば、BIツール開発のためのスクレイピングを行う案件では、フルリモート可の案件がありました。

未経験からのPython習得難易度

Pythonは他のプログラミング言語に比べて分かりやすい言語であるため、未経験からでも習得できる言語です。コードがシンプルでコード量も少ないため、プログラミング未経験からでも独学で習得することは可能でしょう。


また、プログラミングスクールなどを利用すれば、効率的に身につけることができます。

Pythonを扱うフリーランスエンジニアになる方法

Pythonのフリーランスエンジニアを目指す場合、「プログラミングスクールで勉強する」「オンライン教材を使って勉強する」「書籍を使って勉強する」「Webサイトやブログを利用して勉強する」といった方法が考えられます。


ここでは、Pythonを扱うフリーランスエンジニアになる方法について紹介していきます。

プログラミングスクールを活用して勉強する

プログラミングスクールであれば、プロの講師からPythonのプログラミングを学ぶことができます。また、カリキュラムに沿って学習を進めることができるため、効率的にPythonのスキルを身につけられます。


スクールであればわからない部分を質問しながら学習できるため、モチベーションも保ちやすいでしょう。

オンライン教材を活用して勉強する

学習サイトなどのオンライン教材を利用してPythonを学ぶことも可能です。オンライン教材であれば、スマホとインターネット環境があればどこからでも利用できるため、隙間時間を利用して学習を進めることができます。


ただし、基礎から順番に学べるわけではないため、基本から順番に勉強していきたい人には適していない可能性もあるでしょう。

書籍を活用して勉強する

Pythonに関連した書籍も販売されているため、書籍を使って独学で勉強することもできるでしょう。Pythonは短いコードで記述できるため、書籍を使った勉強でも習得しやすいでしょう。


ただし、書籍を使った独学では、わからない部分は自分で解決しながら学習する必要があるため、モチベーションが保ちにくい可能性もあります。

Webサイトやブログを活用して勉強する

Pythonの情報を提供しているWebサイトやブログを活用して勉強する方法もあります。プログラミングスクールや書籍を利用する場合は費用が掛かりますが、Webサイトやブログであれば無料で利用できます。

Pythonのフリーランス案件で収入を上げるために必要なこと

Pythonのフリーランス案件で収入アップを目指す場合、基本的なPythonのスキル以外のスキルや経験も求められるでしょう。


ここでは、Pythonのフリーランス案件で収入を上げるために必要なことについて説明していきます。

英語力

Pythonに関する最新の情報は英語で書かれたものが多いです。また、Pythonの需要も世界中にあるため、英語力のあるエンジニアは重宝されます。


そのため、英語のテキストが問題なく読める程度の英語力があれば、Pythonのフリーランス案件でも高単価が狙いやすくなるでしょう。

フレームワークの使用経験

Pythonには様々なフレームワークがあり、Pythonの案件によって用いられるフレームワークは異なります。そのため、幅広いフレームワークの使用経験があれば、選択できる案件の幅も広がるため、収入アップに繋がりやすくなるでしょう。

クラウド上での構築経験

Pythonのデータ分析や機械学習などの案件では、クラウド上にあるデータベースを使うこともあります。そのため、クラウド上での構築経験のあるフリーランスエンジニアであれば、高単価案件を獲得しやすくなります。

Pythonの今後の将来性

本記事でも紹介したとおり、PythonはAIエンジニアやデータサイエンティストなどの需要が高まっていく職種にとって必須の言語です。また、Web開発などでも需要の高い言語なので、Pythonには将来性があると言えるでしょう。

Pythonの特徴を知りフリーランスエンジニアを目指そう

Pythonは幅広い分野で活用できる汎用性の高い言語ですが、利用する際にはいくつかの注意点も存在します。


ぜひ、本記事で紹介したPythonの需要やPythonができること、Pythonを扱うときの注意点などを参考に、Pythonが扱えるフリーランスエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。


▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

\簡単60秒/無料登録して案件を紹介してもらう24時間以内にご連絡いたします。※土日祝日を除く

40代~60代向けシニアフリーランスエンジニアの求人サイト『SEES』

SEESの特徴 SEESの特徴

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』(https://miraie-group.jp/sees/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービス。

エンジニア業界は、40代以上の転職はなかなか厳しい市場だと言われています。
転職ではなくフリーランスとして案件を獲得することを視野にいれてみてもいいかもしれません。

SEESの場合、掲載している案件は主に年齢不問ですので、年齢制限に関係なく、純粋にスキルや希望条件での案件を探すことが可能です。
会社員よりも個人事業主としてプロジェクトを請け負う形であれば、働き方としても選べる立場にありますよね。

給与の支払いサイトは30日で統一されています。
また、取引社数が5,000社以上と多く、新しい案件が集まりやすくなっています。
さらに、SEESに登録をすると最新・未公開案件を獲得することができます。

独立してフリーランスになっても仕事が途切れる心配はありません!
『SEES』(https://miraie-group.jp/sees)を利用して新しい働き方を手に入れてみては…!?

皆さまから選ばれてシニアエンジニア向け検索サイト三冠達成しております!

三冠 三冠

株式会社Miraieが運営する『SEES(https://miraie-group.jp/sees)』は、「シニアエンジニア向け検索10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査」のなかで、

  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 顧客満足度 No.1】
  • 【シニアエンジニア向け検索サイト 情報充実度 No.1】
  • 【希望職種が見つかる シニアエンジニア向け検索サイト No.1】
  • 上記3項目においてNo.1を獲得ししております。

    この記事の監修

    miraie miraie
    株式会社Miraie

    2007年設立のシステム開発会社。首都圏を中心にWeb・IT関連事業、コンサルティングサービス、人材派遣サービスなどを展開。 SES事業や受託開発などを中心にノウハウを蓄積しながら、関連事業へとビジネスの裾野を広げています。

    監修者インフォメーション

    所在地
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷6階(本社)
    設立
    2007年7月(3月決算)
    従業員数
    55名(正社員)
    電話
    03-5774-6300

2022/02/22

2022/07/27